FC2ブログ
09.04
Tue


朝から強風が吹き荒れている。
地震雷火事親父。
地球って本当に住みにくい星である。
その中でも特に日本という国は。
何も、自然の脅威だけを言っているのではない。

現在は若狭湾あたりを通過しているらしいが、巨大台風であって見れば何百キロも暴風圏に巻き込んでいるのだろう。
こんな自然の驚異に対して、昔の人は神に無事を祈った簿だろう。
それが自然崇拝となったのであろうが、この自然だけは全く迷惑以外の何物でもない。
地球の自転を止めてしまいたいくらいに腹立たしい思いがする。
いかに科学が発達してもこの自然の驚異を止める研究は未来永劫実る事はないのだろう。

今年は純白のテッポウユリの姿はなかなか見つけられないでいた。。
古くから自生しているいわゆるテッポウユリはほとんど無理としても、
細葉のテッポウユリと称するハイブリッドは至る所で見れたのだが・・・・今年は奇妙に見つけることはなかった。
それでもぽつんと一つ茂みに近い草むら立って、揺れて居るのが目についた。
やはり純白の花は美しい。


Lilium longiflorum ms52



<掲載写真の複写、転載はお断り。>






09.06
Fri



せせりも種類が多いのだろう・・・・・
何という種類かは知らない・・・・
このセセリと言うやつ、姿や色は蛾と全く変わらない。
蛾と言うとあの銀粉をまき散らす毒蛾お思い起こして、何とも不愉快になる。
こんなもの撮る気もなかったのだが、覗いてみると何とも愛嬌のある顔をしているねえ~。

懸命に蜜を吸ってるね。
能々接してみると、生きとし生けるものみな懸命に生きているんだよねえ~
地球の支配者の様な顔をしている人間など、最も忌むべき生き物かも知れないねえ~・・・・・・





Hesperiidae ms1s





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








back-to-top