FC2ブログ
08.26
Mon

四季咲きのバラがあるというから、夏にバラが咲いても不思議はない。
八月の下旬にもう秋風のような冷たい風が吹き始めた。
野分も随分と少ないようだ。




Rosa mn8




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







02.26
Tue

桃の節句が近づいたとは言っても桃の花は滅多に咲かない。
それもそのはず、旧暦三月初めは現在の四月の初旬とすれば納得がいく。
それでも桃の節句に間に合う品種の花桃も有る。
この純白のはなももは寒白という品種のようだが、超早咲きのようである。



Prunus persica ms224d


<掲載写真の複写、転載はお断り。>




続きを読む
03.01
Sat

桃の節句ももう間近・・・・
節句に飾る桃の花は凡そ間に合わない・・・・
花桃の花が咲くのは中旬以降・・・・
その花桃の中で節句に間に合いそうなのが純白の桃の花。
寒白と呼ばれる中輪で八重の純白の花・・・・
この花を見ると、春の到来を実感する。


Prunus persica js3s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





03.27
Wed



花桃爛漫



Prunus persica ms19










春爛漫・・・・様々な野草が一斉に芽吹き、桜が咲き、様々な色の花桃が咲き乱れ散る。
散歩道に花桃が多い。
その花桃がいま真っ盛り、美しい姿を見せている。

花桃とは種が違うが、桃の花が一面に咲き乱れる姿は桃源郷と言われるほど素晴らしい光景。





Prunus persica ms16




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







03.02
Sat



桃の節句と言うか、雛祭りに飾られる桃の花はこの花桃のことを言うのであろう。
桃の節句に飾られる花だから、サクラの開花前に咲くのは当然のような気がするが、なかなか桃の節句に間に合うようには咲いてくれない。
それでもほんの僅かではあるが、姿を見せてくれる花もある。





花桃1










花を観賞用に改良された桃で、花つきがよい。
主に花を観賞するための庭木として植えられることが多い。
わが国では数多くの品種改良が行われ、種類が豊富である。

花桃として観賞のための改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってからで、現在の園芸品種の多くも江戸時代のものが多く引き継がれている。
結実するが実は小さく、食用には適さない様である。




はなもも2




バラ科サクラ属。
原産地は中国。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)