FC2ブログ
10.09
Wed

Lycoris radiata tf15




<掲載写真の複写、転載はお断り。>



12.25
Tue


View tf28




もう何十年か前、北は一関あたりから、京都あたりまで、
石仏を撮り歩いたときは、こんな頭巾や前垂れをしたものは見向きもしなかった。
石仏の画としてはとても邪魔に感じたからである。
この取り澄ました表情もなんとなく拒否反応が働くのだが、ついついカメラを向けてしまう。
それよりも路傍に佇む誰も気にもとめない石の仏や、苔むした石の仏達に心が動く。
江戸の頃には石のの仏ばかりを手がけていた石工達の特徴のある仏達にも興味を引かれる。
そうそう、その頃、よく世に知られた五百羅漢もよく撮りに行ったが、後に撮られた羅漢像の姿に驚いたものだ。
苔むした汚れとは全く違う。
全身白いまだら模様が散らばっている。
おそらく手入れなど全く為されないで放置するだけだったのではなかろうか。
あれはカビが生えたのだという人もいる。
羅漢達も涙を流しているかも知れない。
もっとも、疥癬をを患った人間の姿なのかも知れない。
それが何であれあの姿を見に出かけた人は幻滅を感じたであろう。
山の崖下に苔むして真っ黒になって佇む石の仏を見る方がよほど気持ちが和む。
この仏達は不動尊で見かけた仏達である。



View tf5



<掲載写真の複写、転載はお断り。>








11.13
Sun


View tf6s






今では田舎道とは言ってももう見る事もなくなったのであろうが、
もう随分昔彼方此方の石仏を撮り歩いた頃、村の入り口などに六地蔵や村の辻に佇む地蔵尊を見ることが出来た。
六道のそれぞれにあって衆生を救済するという六体の地蔵菩薩。
六道思想の発達に刺激されて日本で形成されたものであると言われている。





View tf9s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







09.23
Fri

萩の咲く傍らにたたずむ石の仏。


View fk1s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.11
Fri

梅雨のさなかの台風は通り過ぎても、爽やかな天気にはならないようだ。
朝から太陽が照り付けても湿度が高く、不快度が上がるばかり。
そろそろ梅雨も明けてくれるといいのだが、老体にはその後の炎天が堪える。
今の時期、画になりそうな花は限られてくる。
ならば、花は一休みして、夏草茂る山道に佇む石の仏。
腕に抱いているのは赤子だろうか・・・・・・・


Stone Buddhist tf4s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top