FC2ブログ
04.20
Mon
サトザクラ

破滅の道を歩んでいた欧州諸国が、なりふり構わず再生への施策に出た。
欧州はコロナの初期の扱いに失敗して、あっという間に拡大拡散した。
日本という国は猿真似の輩が支配しているから、わが国の政治屋は見事にそれを猿真似して再現しようとしている。
破滅への道を歩んでいた欧州の猿真似をしてどうする。
少しは頭を使え。
イギリスやドイツは首相が演説して戦後最大の国の危機を国民に訴えている。
協力を要請する一方、この危機の中で立ち働くスーパーの人々やそのレジ係にまで気遣いの心を見せている。
国民のあらゆるところに気が配れる政治をする者と、単なる職業としての政治屋では国民の扱いや心遣いが違う。
何事も己らの失策の尻を国民に押し付ける政治屋では国民はたまらない。
これが政治家と政治屋の区別の違いである。
欧州の彼らは見事な政治家である。

今年はいずこも閉鎖され、御衣黄も鬱金も撮れなかった。
去年の鬱金や御衣黄が見納めだったのかと一抹の寂しさを感じている。
この華やかなサトザクラは、品種な何だろうと毎年思う。
普賢象かな、関山かな・・・・




Prunus ms60



<掲載写真の複写、転載はお断り。>







04.13
Mon

Prunus ms45




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







04.08
Wed

華々しく咲いた桜ももう大半が散り桜となって花吹雪の姿を楽しませてくれる。

散る桜、残る桜も散る桜。
良寛の辞世だったのかなあ~
良寛の作であることは確かなようであるが、戦時中特攻隊の潔さを桜に託した逸話は多い。
この歌も特攻の若もの達によって親しまれたのであろう。

この特攻の若者たちが、日本の未来に託して己の命を散らしていったにも拘らず、
戦争の惨禍を知らぬ馬鹿者がまたぞろ再軍備をして戦力を増強しようとしている。
再軍備などすると、沢山のいたいけない子供たちが大きくなって、先の若者たちの様な切ない気持ちを味わわせることになる。
コロナに踊らされて右往左往している輩が、再軍備でまたぞろ人の命を左右しようなどとは片腹痛い。




Prunus ms53s



<掲載写真の複写、転載はお断り。>







04.04
Sat

ヤマザクラもソメイヨシノも今あだ健在ではあるが、
サトザクラが木によってはもう満開になっているところもある。
尤もソメイヨシノもサトザクラには違いないのだが・・・



Prunus ms48


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







03.31
Tue

富士桜の銘板があったのだが、実際にこのような品種があるのかどうかはわからない。
検索すると富士桜と称する盆栽は売られているようではあるが、地植えのものはほとんど見たことがない。



Prunus kt4



<掲載写真の複写、転載はお断り。>







back-to-top