FC2ブログ
11.30
Fri




段々と寒くなってくると、花の種類も減ってなかなか撮りたいものを見付けられなくなってくる。
寒さが厳しくなってくると温室の中が恋しくなってくる。
気に入った花々が有ればいいのだが、ベゴニアと蘭だけは間違いなく美しい姿を見せてくれる。



べごにあ



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)



comment 0
11.29
Thu


本栖湖を後に、朝霧高原から田貫湖へ・・・・・
中腹からなびく雲が美しい。


富士山3










田貫湖と云えばダイヤモンド富士とか言って大勢が集まる所らしい。
ところがダイヤモンド富士と云ってもコントラストが強すぎて、作品としての富士にはなりにくい。
余程、感覚が優れて技術のあるものが撮らない限り、単なる珍現象の記録写真にしかならない。
その様な特殊条件のものは画として評価出来る様なら、素晴らしい画になるのだが・・・・
特に富士にのめり込んでいる訳ではないので、出会った時の富士を美しく撮れればそれでいい・・・・


富士山4



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)



comment 0
11.28
Wed
どおせ富士を眺めに近くへ行ったのだから、いろんな所から色んな姿の富士を眺めてみたい。
精進湖からの子抱き富士は好きなのだが湖畔の工事が煩くて早々に次の本栖湖へと向かった。
本栖湖からの富士は札に描かれた有名どころで、多くに人が眺めにくる。
湖面を渡る風にも通り道があるのか、風波の立つところと、鏡の様になっている処がある。
その静かな処に薄らと逆さ富士が僅かに影を落としている。



富士山1




湖畔の木々も綺麗に色付いて、富士を飾っている様であった。



富士山2



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





comment 0
11.27
Tue




庭園の紅葉は特に風情がある。


紅葉












大きな池面の作業にでも使うのだろうか、とても和風な光景である。


庭園




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





comment 0
11.26
Mon

世の中、何事につけ早く早く廻っているらしい。
花なども例にもれず、このシクラメンなど昔はクリスマスの頃に見れたものだが、
今はもう十一月の声を聴く以前から出回っている。
花等を見ていると季節感がどんどん失われていくようで、何とも寂しいような気がする。





しくらめん


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)


comment 0
11.25
Sun

河口湖畔の紅葉もまだまだ色鮮やかで美しいが、心を残しながらも次の西湖へと向かう・・・・・・
ここは前面の多くを遮られて、美しい裾野を見ることは出来ないので、早々に次の精進湖へと移動する。



西湖畔の富士


富士山









処が精進湖も工事中で、工事車両が何台も稼働していて落ち着かず、早々に引き上げることになった。
此処は子抱き富士の美しい姿を見せてくれるが湖畔なのだが、紅葉の樹木を入れると、工事車両が写り込んでしまい、
全く期待はずれであった。
これも、一つの富士との出会いなのであろう。
次の、本栖湖へ期待しながら・・・・・・



精進湖畔の富士


精進湖の富士


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







comment 0
11.24
Sat




ふと思い立って、富士に会いに出かける時、大体が河口湖周辺からになることが多い様である。
だから河口湖からの富士を夕刻に見かけたことはない。
ここから、精進湖、本栖湖から田貫湖を巡って富士が峰へ・・・・・
夕刻には山中湖からパノラマ台へ向かうのであるが、その先の三国峠の方へ向かったことはない。
一度はこの峠からも眺めてみたいとは思うが、時間的には一日の行程としては無理な様である。
確かに、富士にのめり込んでいるのなら、多少の無理はしてみるのもいいのだが、その時々に出会った富士をそれなりに、自分なりに、撮れればいいと思っているから、珍しい現象の富士に出会うことを期待することは殆どない。
雪の冠った富士に、真っ青な空が有ればそれでいい。
様々な富士は、強いて狙って出かけなくても、その時の出会い如何で撮れることもあるだろうと思っている。
今回は、河口湖のモミジもまだ十分美しさを保っていた。
紅葉と富士は良く似合う・・・・・




河口湖畔の黄葉


紅葉



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





comment 0
11.23
Fri




さざんか1







今花が美しいと云えば山茶花ぐらいだろうか・・・・
椿なども、早咲きの侘助系のものが咲いているかもしれない。



さざんか2



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

comment 0
11.22
Thu




さすがに雪の冠った富士は美しい。
雪のない富士はただの山・・・・・
画にするには何か特別な助けがいる。
浮世絵をはじめ、昔の絵画にもそれが現れている。
如何に秀峰富士であって姿の美しさは素晴らしいが、それだけでは画にならない。
ただこの富士と云う山、何を付け加えても画になる所が素晴らしい。
河口湖辺りの紅葉祭りとかいうのが終わると、さすがに人の出は激減するのだろう、写真を撮る人もそれほど多くはない。
紅葉と富士を撮る人々もそこそこで、それでもほとんど気にするほどのことはない。
雲一つなく晴れたこんな日、富士の五湖を巡るのも、富士のそれぞれの姿を見ることが出来て、とても楽しい。
とは云うものの、雪の冠った富士は真っ青な空が有れば何もいらない。
ただ、雲が演ずる脇役のいないのが残念ではあるが・・・・・・





富士の山



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

comment 0
11.21
Wed



昨日今日と、雲一つなく晴れ渡り、快適な晩秋を楽しんでいる。
この様な日の散歩は自然に彼方此方に目が届き、今まで目につかなかったものまで、見えてくる。
このピラカンサもそのうちに入るのだろう・・・・・
大きな石に張り付くように美しい実をいっぱいに付けていた。
一口にピラカンサと呼んでいるが、タチバナモドキやトキワサンザシなどを総称する呼び方であるらしい。
バラ科ピラカンサ属の耐寒性常緑広葉中高木で、
初夏には真っ白な小さな花を付けるとは言うのだが、未だ花は見た事がない。
実を観賞する樹木の花はついつい見逃してしまうようである。





ピラカンサ




原産はヨーロッパ南部や中国。

(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)



comment 0
11.19
Mon




もう時期を失してしまった感のある薔薇であるが、この花は一年中いつみても魅力を感じる花ではある。


秋薔薇









様々に咲いた薔薇を折に触れてみるのもまた楽しい思い出である。







(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)




comment 0
11.18
Sun



低地から山地の日陰で見かける事が多い。

日陰でもよく育ち、園芸植物として、日本庭園の石組みや流れの傍、あるいは木の根元などに好まれる。
その所為か、鮮やかな黄色い花とも相俟って、写真の被写体としては結構重宝な花である。

有毒物質のピロリジジンアルカロイドを含有している。
とは云うものの、民間薬として、茎と葉を打撲や火傷に用いられていた。

10~11月頃にかけて黄色い花を咲かせる。
葉の間から花茎を伸ばし、その先端に散房花序をつけ、黄色い花を数輪咲かせる、そんな姿がとても好もしく見える。




つわぶき


キク科ツワブキ属の多年草


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)




comment 0
back-to-top