FC2ブログ
02.28
Thu



白 梅




白梅1









いくら寒い寒いといっても、三月の声を聴こうとしている刻、のんびりとした梅でも咲かざるを得ないのであろう。
随分と咲き進んでいる様だ。
とは言っても、処によっては、遠目には枯れ木としか見えない様な梅林もある。
これからは、暖かい日が続けば、急速に花を咲かせる心算なのかもしれない。
人間様も、梅やその他の花々の様に急がずあわてずのんびりとして居るのが良いのかも知れない。





白梅2



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.27
Wed


雪 割 草




雪割草2






花の写真を撮ってはいても、花そのものに興味があるからではない。
だから、その姿や美しさに感動を覚えた時花の名前も知らずに、撮っていることは数多い。
この雪割草と言う植物も、キンポウゲ科のもの、サクラソウ科のもの、いずれも同じように呼ばれているのだが、私にはいずれのものなのか区別はつかない。
花を撮るのは、身近に常に見ることが出来る対象であるからに過ぎない。








雪割草1





出来得れば自然の風景を撮りたいのだが、なかなかそれを求めて、旅することもままならない。
東京と言うところ、人間の手が加わった造り物しか目にすることが出来ない。
私にとっては何とも味気のない風景としか映らない。
造りものには、それなりの良さがあるのであろうが、私には全く興味がわかないのである。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.26
Tue




この有楽椿と言う名前は主に関西地方で使われているらしい。
関東辺りでは、太郎冠者と呼ばれている品種で、侘助系の椿である。
上品な花姿が好まれるのか、人気のある品種の様である。




つばき




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.25
Mon




アヤメ科クロッカス属の総称。
あるいは、クロッカス属の内で花を楽しむための園芸種の流通名と言った方がいいのかもしれない。
と言うのは、晩秋に咲き、花を薬用やスパイスとして用いるサフランに対し、
クロッカスは早春に咲き、観賞用のみに栽培されるため、春サフラン、花サフランなどと呼ばれている。




クロッカス




耐寒性秋植え球根植物。
原産地は地中海沿岸から小アジア。

(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.24
Sun


秋になると小さな真っ赤な実をつける木々はたくさんあるけれど、どんな花を咲かせるのか見ることは少ない。
この山茱萸は秋には真っ赤なグミの様な果実をつけるとはつい最近まで知らなかった。
この木が秋に付ける果実よりも、春を代表する一種独特な姿の黄色い花を知っている人の方が多い。
グミの様な実だなとは思ったが、それもそのはず、山グミと呼ばれているらしい。
因みに、ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミとも呼ばれるらしい。

江戸時代享保の頃、朝鮮経由で種子が我が国に持ち込まれ、薬用植物として栽培されるようになったという。
山茱萸という生薬として日本薬局方に収録されている様だが、観賞用として庭木などにも用いられており、それの方に親しみを感じる。




Cornus officinalis Sieb js1



ミズキ目ミズキ科の落葉小高木。




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.23
Sat


日にちはどんどん過ぎゆくけれど、それ見合う春らしさはなかなか巡ってこないようだ。
それでも一杯に黄色い花をつけたはな菜が目を楽しませてくれる。




はなな











温暖の地以外で、この冷たい風の中、春の象徴のの様なはななの咲くのを見るのはちょっと意外な感じがする。
如何やら、春に咲くはな菜とは品種が違うのか、寒咲きはななというものらしい。
それでもやはり黄色い花は暖かさを齎してくれる様で、気持ちが暖かくなったような気がする。




はなな2




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.22
Fri




早咲きの品種、白難波、八重寒紅などの開花が進んでいるが、他の品種はなかなか思うようにはならないようだ。
何処も、早咲きのものは八割方開花しているようで、観梅に出かけても、それなりに楽しむことはできる様ではある。
雪や氷雨が降る様な気候では梅もなかなか開く気になれないのだろう。
やはり、気温が10度を上回ってこないと色んな品種を見ることはできないようだ。




梅




そんな中、盆栽梅の古木が見事な花を見せてくれた。
おそらく大輪緋梅だろう。
緋梅は緋梅系、緋梅性の梅。
緋梅系の梅は野梅の変化したものと言われている。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.21
Thu




殆ど富士を撮りに行くことはないのだが、ここ2,3年初冬の頃に五胡を巡っている。
初冬に限っているのは、雪のない富士はただの山だと思っているから特に撮りたいとも思わない。
厳冬期にも行ってみたいとは思うのだが、ノーマルタイヤではとても出かける気にはなれない。



富士











それゆえ冠雪がいい姿になったころを見計らって出かけるようにしている。
去年あたりは、湖畔のもみじ祭りの終わった直後に出かけてみた。
もみじ祭りの最中は人で溢れてなかなか思うようなものは撮れなかろう。
とは言っても特別な富士を狙って撮りたいとも思わない。
行ったときに出合った富士の姿を美しく撮れればそれでいいと思っている。










(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





02.20
Wed



露地物に見るクリスマスローズより、遥かに艶やかな品種がそろっている。
露地物を撮るのは花の姿が姿だけに、とても窮屈な姿勢を強いられる。
展示会ではそんな姿勢の必要はないが、花が接近しているだけにポジションに工夫がいる。




クリスマスローズ2










自分の好みに従って、いろいろ撮ってみるのも楽しいだろう。




クリスマスローズ1



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.19
Tue




暦は足早に過ぎ去っていくけれど、自然が作り出す春の兆しは遅々として進まない。
散歩の途中ものに咲く花々を見ることは殆どない。
如何にか梅も咲き進んではいるが野の花々はゆっくりとしている様・・・・・




ベロニカ1








そんな中で、午後の日差しの中で見つけた春の兆し・・・・
三階草と共に咲くこの小さな花ヴェロニカ・・・・・何とも可愛げな姿にしばし見惚れる。




ベロニカ2



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.18
Mon




この真っ赤な花、実に鮮やかなものである。
緋梅系の緋梅性に属する品種で、八重で独特な赤色を呈する。
同じような花に紅千鳥という品種の梅があるがこれは一重。
この二つは系統の同じ性に属する梅の品種であるが、この赤色がとても好みに合っている。
梅園を散策していても知らず知らずのうちにこの花を探していることがある。




鹿児島紅2













野梅系から変化したもので木の性は野梅に近い、枝や幹の内部が赤く、
花は緋色、紅色がほとんどであるが、白花であっても枝の内部の赤いものはこの種に入る。





鹿児島紅1




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.17
Sun




色んな野草や花木の花の咲きだしが、年々遅くなっているような気がする。
花の咲くのが待ち遠しいから、そんな気がするのかもしれない。
それでも、風は冷たいものの、午後の暖かな日差しが注ぐところでは、もうずいぶんと野草の花々を見つけ出すことが出来る。

風の冷たさに吃驚しているのかもしれない。


雪割草1











この雪割草というのは、ミスミソウあるいはスハマソウと言われる野草を指していうことが多い。
こんな花々も、枯葉が積もった野に姿を見せ始めている。




雪割草2







因みに、雪割草と言われるミスミソウやスハマソウはキンポウゲ科であるがサクラソウ科のサクラソウ属にも雪割草と呼ぶ草本がある。
当然まったく別種の花であるのは当然であるが、撮ることが主である者にとっては、どちらに属していようと全く関係はない。




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







back-to-top