FC2ブログ
03.31
Sun





わが国では、多くの種類の桜を楽しむことが出来る。




Cerasus jamasakura ms12











どの種類の桜も、一つひとつの花の美しさや、その佇まいを楽しむとき、
春と言う季節を満喫した気分になれる。





Cerasus jamasakura ms1




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







03.30
Sat



花を一杯に咲かせたシモクレンが見事な景観を見せている。
白いモクレンは白モクレン。
紫のモクレンはシモクレン、花が紫色であることから、シモクレンの別名がある。
同じ紫の花でもいろいろと種類があるらしい。





Magnolia js3s



モクレンは木蓮と表記するが、モクレン科モクレン属の落葉低木。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





03.29
Fri



御殿場桜と呼ばれているらしい。
名称はその地方で見つかったのか、一帯がこの種の桜なのかは知らないが、河津に多い河津桜の様なものであろう。
どんな種類のものが交配して、出来たのかもわからない。




Prunus ks11












桜に限らず植物、花などは眺めた美しく人間様を癒してくれればそれで目的を達するので、専門に研究している人以外は名前などどうでもいいのである。
今年はずいぶんと色んな桜に出合った。
この頃は桜ばかりを撮っているような気がする。
とは言え、あまり好みでないソメイヨシノは殆ど撮らないのであるが・・・・・





Prunus ks10




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







03.28
Thu
 

春爛漫桜が咲き、花桃の花が咲き、華やかな季節ではあるが、野山の辺々にも華やかさとは無縁の様な山野草が一杯に咲いている。
自然界には様々な面白い姿をした生き物がおり、植物がある。
このショウジョウバカマもそのうちの一つと言えなくもない、面白い姿をした山野草の部類であろう。



Heloniopsis orientalis ks3












北海道から九州までの、やや湿った場所に生える。垂直分布が広く、人里近くの田んぼの畦道から高山帯の高層湿原まで生えている。
とは言われてはいるが、散歩の途中の空き地に生えているほど一般的な野草ではない。

花の色は生育場所によって、淡紅色、紫色、白色と変化に富んでいる。
花期は低地では、ちょうど今頃、三月、四月であるが、高山などでは雪渓が溶けたあとの六、七月になる。




Heloniopsis orientalis ks1




ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





03.27
Wed



花桃爛漫



Prunus persica ms19










春爛漫・・・・様々な野草が一斉に芽吹き、桜が咲き、様々な色の花桃が咲き乱れ散る。
散歩道に花桃が多い。
その花桃がいま真っ盛り、美しい姿を見せている。

花桃とは種が違うが、桃の花が一面に咲き乱れる姿は桃源郷と言われるほど素晴らしい光景。





Prunus persica ms16




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







03.26
Tue





河津桜が咲き終わったのち、しばらくすると色んな桜が顔を見せ始める。
その中でもこの神代曙と呼ばれる桜の色や姿、花の付き具合がとても気に入ってる。
毎年、この桜を撮るのが楽しみなのである。





Prunus js12




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






03.25
Mon



この桜に初めてであったのは、もう何十年も前、バスツアーで高遠城址の桜見物に出かけた時である。
それ以後この桜を見るたびに、凄い人気なのかバスが進まず随分手前から延々と歩かされたことを思い出す。

それでも、城址全体がピンクに包まれた見事な景観に、大いに満足したものだ。




Prunus ks2













高遠と言えば、江戸の頃の絵島の配流された地で、その一生を過ごしたという、小さな質素な家を見ることが出来る。
江戸の頃の人間のと言うよりも、権力争いの浅ましさの犠牲になった、大奥の女たちのことを思うと肌寒くさえなる。
尤も、江戸の頃の権力争いのすざましさは人間と言う生き物の醜さを露呈した時代ではあるのだが、
現代においても、為政者の権力争いと庶民を虐げるものの考え方は余すところなくその遺伝子を受け継いでいるようだ。
何時の時代でも、権力争いの醜さ、卑劣さは人間と言う生き物が存在する限り、延々と未来永劫続いていくのだろう。
あの絵島が暮らした家を見ていて、そんなことが頭の中を過ぎったものだ。




Prunus ks1




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






03.24
Sun



山野草と言っても、どこでも見れるというものではない。



Shortia uniflora ks8








山地帯の林内や林縁に分布し、雪が解けた後に広葉樹林帯などで見られるようであるが、
絶滅の危機にある種類の植物で、特別なところでしか見ることが出来ないらしい。
山の林縁などで、このピンクの花を似ると思わず微笑んでしまうほど可憐な姿で咲いている。




Shortia uniflora ks7




日本の固有種
イワウメ科イワウチワ属の多年草


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






03.23
Sat



春はそよ風などとは言うが、強風が吹き荒れることが多い。
あの嫌味な中国から黄砂などと言う傍迷惑なものが、運ばれてきて、晴れやかな春の気持ちを曇らせる事も多い。
自然現象とは言え、春の浮き立つ気持ちを萎えさせる。





Corylopsis pauciflora Corylopsis ms1











その人間様の気持ちを察するかのように、春の木々の花々は辺り一面を黄色く染めて元気付けてくれているのかも知れない。
小さな黄色い花をたくさんつけた姿を見るとほのぼのとした気持ちになれる。





Corylopsis pauciflora Corylopsis ms4




マンサク科トサミズキ属の落葉低木



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)










03.22
Fri



いたる所様々な梅園があるが、平坦地に展開する梅の木の下を観梅しながらそぞろ歩くのも楽しいことではある。
梅の香に包まれながら心を養うのもいい。

その梅林の素晴らしい佇まいを俯瞰できたら、その素晴らしさに感嘆の声を発するほどの感動を味わうことだろう。
一度その素晴らしさ味わうと、平坦地の梅林の光景を画にするのは物足りなさを感じてしまう。




Prunus mume ou10




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






03.21
Thu



スプリング・エフェメラル、春の妖精かたくりの花が可憐な姿を見せ始めた。
こんな野草が特別なところへ行かなくても、あちこちで見れる様な環境がほしいねえ~
尤も、長い生育期間が必要なこの植物にとって、どこにでも定着して花を咲かせることはなかなか難しいのであろう。

古く万葉の頃はこのカタクリは堅香子と呼ばれて、万葉集にも詠われている。

もののふの 八十乙女らが 汲みまがふ 寺井の上の堅香子の花

多分、この詠は大伴家持だったと思うが、越中の国司として赴任した地で詠んだ詠だったように記憶している。

どちらかと言うと、かたくりの花と言うよりは、堅香子の花と言う方が何か情緒を感じるような気がするのだが・・・・・




Erythronium japonicum ks14




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)









03.20
Wed


上野のお山の桜の随分と咲き進んで、多くの人が花見に出かけている様だ。
今年はソメイヨシノも随分と早い開花になっているようである。

この桜、随分と早く寒いころから、咲き始める種類の様だ。
とても大きな木で、花付も高いところにあるので、意外と撮りにくい花ではある。
 


Prunus js13



この桜は寒緋桜と山桜との雑種だとか、あるいは寒緋桜と大島桜の雑種だとか、様々なことをいう者がいる。
所詮はいい加減な推測でものを言っている責任のない物言いであるのだが、正確なことは解らないというのは本当のところであろう。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







back-to-top