FC2ブログ
06.30
Sun



府中に郷土の森博物館と言うのがある。
梅の時期、紫陽花の時期更には曼珠沙華の時期には度々訪れている。
様々な花や野草類が随分と楽しめる公園である。






Hydrangea fm11













それにもまして、入場料が安く駐車料金も徴収しない、など管理者の心根が窺える良心的市民の憩いの場所である。
国立の昭和公園や都立の神代植物園など民間の駐車場料金顔負けの駐車料金を徴収する。
国や都が、国民や都民の憩いの場所で駐車料金で儲けようなど、役人どもの心の薄ら寒さを如実に感じる。
それに比べて市町村の公園利用などのおおらかさと言うか、市民を思いやる心と言うか、そんなものが表れているような気がする。
権力を握れば庶民を搾取する、これはわが国の古来からの培われた島国根性の最たるのものではあるのだが、何ともセコイ国民性だとつくづくと感じる。















Hydrangea fm12








さてこの郷土の森博物館は博物館と銘打つだけに古い建物や藁葺の家などを移築して保存しているのだが、それらの建物が植えられた植物や花にとてもよくマッチしている。
多摩地方や近くに住んでいられる方は一度シーズンに訪れられるのといい・・・・・






この建物は旧町役場であったらしい・・・・・
その前に咲いた紫陽花がよく似合っているような気がする。
紫陽花など園内各所に様々な種類のものを見ることが出来る。








Hydrangea fm10





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)









06.29
Sat


出会いとは面白いもの・・・・・
思わぬとことで思わぬ樹や花に出合って、歓喜することがある。
何も樹や花ばかりではない。
風景にしても、人にしても、出来ごとにしても・・・・・




Stewartia pseudocamellia fm4










この沙羅の樹などと書いてみたが、何のことはない夏椿である。
この樹はとても大きな木になって、随分と上の方にしか花を見つけることのできないことが多く、
思うような姿を撮れないことが多かった。





Stewartia pseudocamellia fm1




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








続きを読む
06.28
Fri



今頃の時期になると、茎の先端に傘骨状に広げた小さな花を一杯に付ける姿を見ることが出来る。
ユリ科アガパンサス属の花ではあるが、この花も分類体系によって所属する科が区々であるという。
所属の科が変わったところで、花自体に何の影響もない、単なる学者どもの遊びでしかないのだが・・・・・
薄紫の可愛い花が清涼感を呼び覚ましてくれる。





Agapanthus ss1



ユリ科アガパンサス属の多年草。




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








06.27
Thu


世にも不思議な花姿




Nigella ss4







奇怪な姿に見えるのは花を包む様な総苞と呼ばれる姿の所為なのだろう。
よく見ると、蕊の姿も特異な姿をしている。
風船の様に見える果実も面白い・・・・
何とも面白づくめの花の様である。





Nigella ss5





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






06.26
Wed


日本全土に分布する野草の様だが、地方によって分布する種類が違うようである。
子供が花の中に蛍を入れて遊んだところから名付けられたという人もいるが、
この中に蛍が入って、叢のあちこちで光る、そんな花の光景を見ると、とても幻想的な光景になるんだろうなあ~





Campanula punctata fm1










西の地方に白い花のものがあると云うが、関東では未だ白い花を見たことがない。
色の濃淡によって咲くその雰囲気がまるで違って見えるのはとても面白い。




Campanula punctata js1




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







06.25
Tue


山あじさい





View ym2





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)









06.24
Mon




何処から来たのか、そぼ降る雨に打たれて、ひっそりと咲いていた。
珍しい花姿の花であるが、千鳥草の様だ・・・・・
ヒエンソウとかラークスパーとか色々な名前で呼ばれているらしい。
キンポウゲ科の一年草だというから、何処からか飛んできた種が根付いて花を咲かせたのだろう。





Consolida ajacis ms2





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







06.23
Sun



ちょっとした大きな公園には、水車小屋が作られているのを見かける。
郷愁と言うのか日本人には水車小屋っていうのはなぜか惹かれるものがある。
この公園にも水車小屋が設けられておりわきを流れる清らかな流れが夏などは涼感を感じる。
紫陽花の時期は紫陽花を配して、結構面白い画を描かせてくれる。





View fm4





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







06.22
Sat


もう花菖蒲も終盤、いやもう既に終わってしまっているのかも知れないが・・・・

出かけたのは、最盛期の一歩手前の頃だったろう。
花もさることながら、菖蒲田に似合いの光景に出会った。
処は町田市の薬師池公園・・・・・毎年美しい花菖蒲を見せてくれる。

紅の襷に菅笠姿の可愛いお姉さんが花の手入れをしている・・・・・・
何とも似合う光景ではある。
何年も通っていて初めての光景である。

ほとんどの場合、人間様にカメラを向けることはまずないのだが、あまりにも雰囲気が良くて、ついついカメラを向けてしまった。
多くの人がカメラに収めていたのだが、私もずいぶんと撮らせていただいた。
日によって人が変わっている様なので、演出を兼ねて、花柄摘みを行っているのかも知れない。
とは言っても、了解を得て撮っている訳ではないので、ブログなどに載せていいものかどうか・・・・・
肖像権の侵害だ、などと言われても困るのだが・・・・・





View my2




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







06.21
Fri


真っ白い花


泰山木が真っ白な大きな花をつけている。
真っ白な花が変色や、傷もなく美しい姿を見せているのはとても珍しい。
大きな樹で、公園などでよく見かけるが、剪定に強く、庭木としても植えられることがあるという。
アメリカの南部を象徴する花とも言われる。




Magnolia grandiflora fm1



この樹がモクレン科モクレン属のものとは・・・・・・



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








06.20
Thu




紫陽花を見るのもこの梅雨の時期がいい・・・・
梅雨が明けた炎天下では、どんなに色美しくても感動などとてもとても・・・・・




Hydrangea fm2





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







06.19
Wed





梅雨の晴れ間の蒸し暑さ・・・・・
体がなかなか馴染めない・・・・
そんな時、せせらぎの流れる水音を聴くだけで、清涼感が・・・・・
せせらぎに沿って、びっしりと埋まった様々な紫陽花が気持ちを和らげてくれる。





View fm5




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






back-to-top