FC2ブログ
09.30
Mon




最近、白や黄色のひがんばながどんどん増えているのが目につく。
我が国の彼岸花は三倍体とかで種子で増殖することなないそうであるが、そうすると交配することも不可能なはず・・・・・
色違いが増えるのは変異、変種によるのだろうか・・・・





Lycoris radiata fm3s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







09.29
Sun



繚乱と咲く花々に蝶が群れる。
ひょうもん蝶、たでは蝶・・・・様々な蝶が秋の燦々と降り注ぐ日差しの中、花々と戯れる。





Rhopalocera ms17s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








09.28
Sat




秋桜の世界



Cosmos ss2s






(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)










09.27
Fri





ひがんばな群生地・・・・・
林の中に広がる真っ赤な絨毯・・・・・実に壮観である。
だが・・・
道端に咲く数本のひがんばな・・・・





Lycoris radiata ms5s







草むらに咲く花・・・・
様々な雰囲気のひがんばなを撮りたいねえ~





Lycoris radiata ss3s





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








09.26
Thu



マリアの黄金の花

春から秋まで、何時も目にする花。
散歩に出る必ずと言っていいほど目につく花で、余り感激も湧かないのっだが、
時として画になりそうな雰囲気のものに出合うことがある。

人間の心理とはおかしなもので、何時でも目にすることが出来と有り難味が薄れるのか、
余り撮りたいと思うことのない花かも知れない。
余程気に入った姿や雰囲気でなければ・・・・・・





Tagetes ss1s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






09.25
Wed



紫式部

我が国にも自生する落葉樹で、秋に色づく紫色の実が非常に美しい。

別種にコムラサキと呼ばれる種もあり、これもコムラサキシキブなのかもしれないのだが・・・・・
強健で実がたくさん付くので庭木や鉢植えとして広く栽培されているのをよく見かける。
この両者の区別は分からないが、画にするには全く影響がなかろう。





Callicarpa japonica ss1s




クマツズラ科ムラサキシキブ属の落葉低木。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







09.24
Tue




秋風に揺れる、色とりどりのコスモスの花を見れるのはまだ少しかかりそう。




Cosmos ss30s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








09.23
Mon



この頃散歩は殆どカメラを携行しないで、長い距離を歩くようにしている。
その途中に、擁壁に蔦やつる草などが這い上り、その他様々な植物が茂っている。
その中に、最近美しい花を付けた芙蓉が目につきだした。

これの仲間の花々はよく撮ることもあるのだが、芙蓉は殆ど撮ったことのない花。
次はカメラを持って来ようとは思うのだが、なかなかその気になれないでいたが、
近くに、美しい紫の実を一杯に付けた紫式部を見るに及んで、とうとう撮りに出かけた。





Hibiscus mutabilis ms1s





アオイ科フヨウ属の落葉低木。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







09.21
Sat




ふじばかま


万葉の昔から日本人に親しまれて、秋の七草にも数えられている。
派手さもなく、その郷愁を誘う様な花姿が日本人の心の琴線に触れるのだろう、
様々な古典文学にも登場するほど、親しまれている。
散房状に淡い紫紅色の小さな花をつける、この淡いような色合いにとても魅力を感じる。







Eupatorium maculatum js8s









原産は中国ともいわれるが、奈良期に我が国に渡来して野生化したのであろう。
かつては日本各地の河原などに群生し、愛され、ありふれた植物にもかかわらず、
現在では野生のものは激減し、河原や池の水辺などでは全く見かけなくなったと言っていい。
今は数を減らし、準絶滅危惧種のリストに載るほど数を減らしている。





Eupatorium maculatum js3s





日本、中国、朝鮮半島に分布する多年草。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)









09.20
Fri




暑さ寒さも彼岸まで・・・・・
昔の人は良く自然を観察していたようで、彼岸が近くなって、めっきり秋の気配を感じるようになった。
あの極暑がうその様な・・・・・涼風が心地よい。
彼岸花とはよく言ったもので、見事に彼岸に合わせて見頃の花を咲かせてきた。






Lycoris radiata ss13s





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








09.19
Thu


秋桜

広大な畑一杯に咲くこすもすが秋風に揺れる姿、いいよねえ~
まさに秋の風物詩・・・・・
もうすぐだねぇ~




Cosmos ss1s





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








09.18
Wed




誰が植えたか、短く刈り込まれた草むらのあちこちに、白い縁取りの真っ赤なナデシコが一杯咲いているのを見つけた。
原産は中国で、葉が竹に似ていることからこの名がついたといわれている。

日本では平安時代にはすでに栽培されていて、三寸セキチク、五寸セキチクなど、草丈と花の大きさにより区別される品種が育成されてきた。
観賞目的で花壇、鉢物及び切り花用に栽培されている。




Dianthus js1s




ナデシコ科ナデシコ属の多年草。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







back-to-top