FC2ブログ
03.31
Mon

ひゅうがみずきと比較すると殆ど同じような花姿であるが、幾らかは違うようである。


ヒュウガミズキ

Corylopsis pauciflora kt6s





四国に分布する落葉性の低木~小高木。
高知、土佐の地に野生のものが多く見られるため、この名前があるらしい。
ミズキの名があるが、ミズキ科ではなく、マンサク科の植物。
これは葉の形がミズキ科の樹木と似てところから呼ばれているらしいが、土佐にしても日向にしても、葉の形状はいまだ見たことはなく、知らない。
早春から明るい黄色の花を咲かせ、レンギョウやマンサクと同様、江戸時代から春の花木として、庭木や盆栽、切り花として親しまれてきた。
マンサク科トサミズキ属は東アジアを中心に10種ほどが知れている。
日本にはトサミズキ以外に、ヒュウガミズキ、キリシマミズキ、コウヤミズキなどが自生している。


土佐みずき

Corylopsis spicata kt1s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

back-to-top