FC2ブログ
09.15
Mon


リンドウは本州から奄美諸島の山野に自生する植物で、
近縁種や変種までも含めるとほぼ日本全域に分布していると言っていい。
秋空に映える濃い青紫色の花は野趣豊かで、その美しさ、可愛さは
日本人の心に素直に受け入れられる野草であろう。
それ故に、古くからひとびとに親しまれてきた野草なのかもしれない。

厳密にはリンドウは学名で、ひとつの種を指すのだが、近縁種や変種をもその中に含め、
世界には数百種とも言われる種がある様だが、我が国にも十数種の種が分布していると言う。
変種や園芸種を含めると、どれほどあるのか見当もつかないだろう。
このリンドウのどの種かは知らないが、薬効もあるのかも知れない。
日光の二荒山神社に伝説がり、霊草として扱っていると聞いたことがある。



Gentiana scabra ss1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top