FC2ブログ
12.27
Sat

写真雑誌は殆ど本屋で立ち読み程度であるが、よく日の丸構図だと馬鹿にしたような評を見ることがる。
日の丸の国旗、あれほどバランスのとれた素晴らしい構図はない。
それが写真ではいけない様な記載をよく見受かるが、日の丸構図自体が悪いわけではない。
画面に占める様々な要素と主題の取り入れ方、背景との兼ね合いが良くないことが多く、日の丸が悪いわけではない。
それを日の丸構図の一言で片づけるなど、とんでもないことである。
構図云々は、要は画面が占めるバランスの良さが問題なのである。
構図の講座などがよく雑誌で取り入れられているが、その時作例として挙げられている画を、よく検討してみるとよい。
もう少し動かした方がいいと思う様な作例は山ほどある。
構図に限らず、雑誌の写真講座はよくよく検討しながら読んだ方がいい。
画が真ん中に集まるのは、カメラのフォーカスフレームが、真ん中に集中している所為もある。
フォーカスフレームは対角線上の四つ角よりと真ん中の5点あれば、凡そ不自由はしない。


sasanqua ms9


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.25
Thu
水仙の属名はナルキソス。
このナルキソスについてはギリシャ神話があります。
ニンフ、妖精の事です。
このニンフたち唐の復習にあって、水に写る己の姿に恋をする。
挙句の果てに、焦がれ死に・・・・・
何とも哀れな奴です。
そこに咲いたのが水仙だということらしい。
その男の名がナルキソス。


Narcissus ss30xs


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.24
Wed

田貫湖の富士


Mt fuji tn6ms


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.23
Tue

つばき

今頃咲くのは、ほんのわずか・・・・
狂い咲きの様に一つ二つ。
殆どは傷みが激しく画にはならない。
時として僥倖が訪れることもある。


Camellia js66s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.22
Mon
冬の花のない時期は温室のべごにあがいい。


begonia js22s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.21
Sun
ば   ら

Rosa js2s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.20
Sat
黄色い小さな花を咲かせ始めている。
辺り一面いい香りとまではいかないが、
それでもかすかにいい香りを楽しむことができる。


Chimonanthus praecox js9s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.19
Fri
お正月の床の間を飾る可憐な花


Narcissus tazetta fm1s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.18
Thu

ば  ら


Rosa js28s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.17
Wed
山 茶 花


sasanqua ms6s






12.16
Tue

真っ赤に色づいたのも遠い昔のような気がする・・・・


red leaves ss12s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.15
Mon
池 畔 散 策


Red leaves ss13s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







back-to-top