FC2ブログ
01.31
Sat
クリスマスローズ


Helleborus ss2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.30
Fri
朝方から降り出した雪で、せっかく開きかけた花々もひと頓挫であろう。
梅に時期など突然の雪で開花がずいぶんとずれてしまう。
夕方には上がったようで、大ごとにならずに済んだようだ。
東京辺りでは交通まで混乱してしまうから始末が悪い。



Narcissus ss32s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.28
Wed
紅  梅



prunus mume js13s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.27
Tue
太郎冠者・・・・ちょっとしゃれた呼び方だなって思うよ。
関西では有楽椿と呼ぶそうだけれど、吾の処は太郎冠者。


Camellia js7s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.26
Mon

福 寿 草



Adonis ms2ss



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.25
Sun

紅  梅


Prunus mume fm26s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.24
Sat
美しいとか面白いとかいう華ではないのだが、
梅を撮りに行くと大体この花を目にすることが多い。


Hamamelis japonica js4s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.23
Fri

この種がクリスマスローズと言われる種で、クリスマスごろから咲き始める。
同じへレボルスでもオリエンタリス種はレンテンローズと言われて、花期が多少遅い様である。
いまこのニゲル種が次々に花開いて、花壇を賑わしている。


Helleborus js6s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.22
Thu

今頃の茶花と言うと、この数寄屋侘助なんかがいいのだろう。
侘助系の椿は早咲きなのか、いつも早い時期に撮ってるような気がする。
この数寄屋侘助ものんびり時期を待ってると、大体いい感じの花には出会わない様な気がする。
それと関西では有楽と呼ばれる、侘助系の太郎冠者なども結構早い時期に見れるが、
何故か花ビラが頼りない感じで、どちらかと言うとこの数寄屋の方が好きな花である。



Camellia js6s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.21
Wed
早春に咲く花とはと言ってもまだ早い様である。
よじれた糸状の花を咲かせるが、我が国固有種よりも、
外来のものが見栄えがいい様である。
秋には紅葉した葉もなく、枝に黄色い花だけが咲いている。



Hamamelis japonica js1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

01.20
Tue
アドニス

暖かな日差しに誘われて・・・
顔を出してみたけれど・・・


Adonis ms1s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





01.19
Mon

節分草と言えば我が国原産の、節分の頃に小さな白い花を咲かせるのをいう。
初夏には茎葉が枯れて地下の塊茎の状態で秋まで休眠する。

この黄色い節分草は西洋節分草と呼ばれる品種。
ヨーロッパ原産で黄色い花を咲かせるキバナセツブンソウやオオキバナセツブンソウは
洋種セツブンソウの名前で出回っている。


Eranthis pinnatifida ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top