FC2ブログ
04.30
Thu

初夏の陽射しを浴びた若葉が目に沁みる。


View ss3s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





04.29
Wed

名前は小さな手毬状の花姿に由来。
日本でも古くから知られており、スズカケとも云うらしいのだが・・・
遠い記憶の底に鈴懸の径って歌があったのだが、この鈴懸のことを言うのだろうか。
江戸時代の初めには庭木などに利用されていと言う。
現在でも庭木として親しまれ、公園などによく植えられているのを見る。
切り花としても広く利用されているという。



Spiraea cantoniensis ms4s


シモツケやユキヤナギが同属の仲間。
中国原産の落葉低木。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






04.28
Tue


セイヨウシャクナゲだろうとは思うが、その区別は判らない。
西洋ものはカラフルで派手な花が多く、
我が国の花々の様にしっとりとした美しさはあまり感じられない。
西洋石楠花って枝の頂点に咲くって聞いたことがあるのだが、比べてみたことはない。



Rhododendron cvs mb2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







04.27
Mon
本来の名前はシベリアンひなげしであるが、
この名前で呼ばれるのを聞いたことがない。
本来は宿根草だが、わが国の高温多湿な気候には合わない様で、
秋まき一年草として扱われている様である。



poppy ss2s


ケシ科ケシ属の植物である。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





04.26
Sun

一口にチューリップとは言っても、我々が見るのは殆どいや全部が栽培品種であろう。
ヨーロッパから中央アジアにかけて百数十種もあるらしいが、
それらを組み合わせ多く品種を作り出しているのだろう。



tulipa ss5s




チューリップはオランダが夙に有名だが、
そのオランダを模したハウステンボスの風車とチューリップの組み合わせはまたとない風景となる。
もう十数年前に訪れた時は、チューリップの時期ではなかったが、
風車と花々の組み合わせはとてもいい光景であった。
園芸店へ行くとチューリップの球根が山積みになっているのを見ると、
子供の頃に水栽培で楽しんだことを思い出し、やってみようかなとは思っても、ついつい見送ってしまっている。



tulipa ss9s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






04.25
Sat
何年か前一塊のスズランが咲いているのを見つけて以来、
撮るのを楽しみにしているスズランが今年も咲き始めた。
手入されてる様子もないが、年々花自体が小さくなっていく。
近くにあったものはもうすでに消えてしまった。
この一塊も消えてしまうのかも知れない。


Convallaria majalis ms11s




君影草とか谷間の姫ユリとか呼ばれることもある様だが、
同じすずらんでも野生のスズランを撮ってみたい。
園芸種のドイツスズランしか撮る機会のないのが残念である。




Convallaria majalis ms3s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





04.24
Fri

ちょっと特異な姿の花姿であるが、何故かこの花の雰囲気が好きである。
大物がかかった釣竿をイメージするが、タイ釣り草とはよくも言ったものだと感心する。
寺院の御堂を装飾する華鬘の姿にそっくりな処から、ケマンソウとも呼ばれている。
花色もピンクや白花種があり色々と楽しめるようだ。
欧米ではその花姿を心臓をイメージし、中国では巾着をイメージする。
人間と言う生き物が頭に思い描くものは、西洋と東洋では随分と違う様である。



Dicentra spectabilis mb3s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






04.23
Thu


属名のミオソティス、随分昔こんな名前の競馬馬がいたなって思い出した。
雌馬にしてはとても末の切れる馬だったような気がする。
英語のforget me notは伝説から出た言葉の様である。
秋にタネをまくと翌年の春花を咲かせる。
というと一年草のように思うが、本来的には多年草なのだが、暑さに弱い様で花後に枯れてしまうらしく、
日本では一年草として扱うのが一般的らしい。
冷涼地では夏を越して株が大きく育つ事もあるのだろう。
花色はブルーや白、ピンクなどあるが、花芯に黄色や白の目がある。
バラエティーに富んだ品種がある。



Myosotis scorpioides ms2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





04.22
Wed
牡丹

百花の王と言われるだけに、艶やかな大輪の花は見事である。
彼方此方の牡丹園も今頃、見ごろを迎えていることだろう。
今年の春は天候が不順で雨の日が続き、画を作るにはわずかな晴れ間を逃さないようにしないと、姥花を取らされるは身になってしまう。
丁度いい具合に花開いた艶やかな牡丹をしばし見惚れたていた。


Paeonia suffruticosa mb26s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

04.21
Tue
  目に青葉


Acer ms4s





不順な天候が続いてはいるが、季節は休みなく移っている。
日差しが回復してくると、何処をむいても若葉の青が目に沁みる。
長閑な春の一時をゆっくりと楽しもう。


Acer ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





04.20
Mon
カロライナジャスミン

公園入口の門柱に繁茂して、今は黄色い小さな花を一杯に咲かせている。
つる性の常緑樹で周年緑の葉っぱを絶やさないが、葉の表面に茶色い斑点が付くのが玉にきず、とても見苦しい。



Gelsemium sempervirens ms2s




茎・根・葉・花などすべての部分が有毒。
花をジャスミンと間違えハーブティーにして中毒を起こした事例があるという。



Gelsemium sempervirens ms3s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





04.19
Sun
はなかいどう

桜が散り始める頃、ピンクの花を一杯に咲かせる。
二本有った小さな木が、今年は一本立ち枯れたか、全く花を付けなかった。
剪定するわけでもなく、肥料をやるわけでもないゆえか哀れな姿を晒していた。
町の小さな公園の樹木は早晩消えていく定めにあるのだろう。
残りの一本も年々花数が少なくなっている様である。


Malus halliana ms7s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top