FC2ブログ
06.30
Tue
この種のあじさいは色の面白さはないが、
いろんな姿を見せてくれる。
  


Hydrangea macrophylla ms4s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.29
Mon

スカシユリ


Lilium ms7s



早咲きのこのゆりも姿を消してしまった。
散歩の途中に見事なカサブランカを見るのだが、人の家の庭の花を撮る気がしない。
近くの公園のコンカドールもここ一両日には咲き始めるだろう。
それまではこのゆりの画でも眺めていよう。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.28
Sun
なんという種類かは知らない。
だがこの種類随分と増えてきたような気がする。



Hydrangea macrophylla my6s



西洋あじさいも昔、親しんだ種類はずいぶんと少なくなった。
古いものがいいとは言えないが、だんだん姿を消していくのは何とも寂しい気がする。



Hydrangea macrophylla fm15s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.27
Sat
キョウチクトウ

強い日射しと澄んだ空が似合う、夏を代表する花木のひとつ。
高速道路のわきに繁茂しているのを見かけるぐらいで、猛スピードで過ぎ去ってしまうので、この花とつくづくとは眺めたことはない
大気汚染などに強く、葉が繁茂して防音効果も期待できると思われているためか高速道路や、幹線道路の緑化に利用されて色のを見かける。
また、強健で育てやすいからか、校庭や公園にもよく利用されている。
日本へは江戸時代に入ってきたらしい。
この花も学校の正門わきに植えられていたものだが、花姿をつくづくとは眺めたことはなかった。
そんな猛毒の植物を学校の入り口に植えるのは危険だね。
インドが原産だと言われている。



Nerium oleander ms1s



因みに、夾竹桃は葉、茎、根、花、種子などすべてが有毒で、燃やした時に出る煙なども有毒だと言われている。
剪定枝などのごみとしての回収を拒否する市町村が多いと聞くが、個人で育てている人は困るだろうなと思う。
単にごみとして捨てられませんでは非常に困るであろうに、処理の方法も示してくれないと、役人ってそれほど親切ではないか・・・・・


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






06.26
Fri
はなしょうぶ


Iris ensata ss1s





はなしょうぶに限らず、どんな花も画面いっぱいの大写しで採ることは滅多になくなったが、如何ゆう訳かこんな絵柄になってしまった。
以前は殆どマクロレンズのお世話になっていたのだが、ここ数年余程小さな花でなければマクロは使わない様になってしまった。
写真など余程の意図がない限り、どんなレンズででも代用できるのだが、段々バッグの重さが答える様になってきたのが本音だろう。


Iris ensata my31s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.25
Thu
蓮花やすいれんはなぜか魅力を感じる。
深い緑の中の白いすいれん、とても魅力を感じる。
しべの黄色が良いアクセントに・・・・
等と思いながら眺めるすいれんは心に惹かれる。



Nymphaea my2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.24
Wed
決まって梅雨時になると白い花を付けるあの臭いドクダミ。
とは言っても画にするとなかなか面白い。



Houttuynia cordata ms4s






近くの小さな公園の外縁の一部に毎年決まって花を咲かせるが、駆除する様子もない。
と思っていたら、このドクダミ完全に駆除するのは大変な様である。
調べてみると、地下茎による栄養に栄養を蓄えているらしい。
その地下茎は地表から数十センチも伸ばしているらしく、それが広がっていくらしい。
そんな深くに根付いているドクダミの地上の茎を手で抜いても、きれいに根まで引き抜くことは不可能だろう。
今のところ他に害をなしている様子もないので、放置されているのだろう。



Houttuynia cordata ms2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






06.23
Tue

リコリス
キツネの剃刀だろうか
毎年、森の中の同じ場所に一つポツンと咲いているのを見かける。

Lycoris sanguinea fm1s



森の下草のいい茂ったところにぽつんと一つ咲いていた。
森の濃い緑の中にオレンジ色の花が一際目立った。
姿から見ると狐の剃刀のように見えるが、果たしてなんだろうか。




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








06.22
Mon
あじさい
 

Hydrangea macrophylla fm13s




府中市郷土の森博物館
此処の紫陽花はいい。梅の時期、ひがんばなの時期。
折にふれて訪れている。
先日行ったときは、水車小屋の周りは写生の人々がびっしり・・・・
思い思いの構図でしゃせいをたのしんでちる。
それに比べると写真ってなんてあっけないんだろうと思う。
パッと見て、イメージが浮かぶと、後は数秒・・・・・・
それでも、写真撮るのって楽しいよね。




Hydrangea macrophylla my10s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.21
Sun
梅雨時に似合う花っていうのは、どんな意味だろうって思う。
梅雨の頃は何時も雨、雨滴が付いた花が美しく見えるということだろうか。
雨の降る中、傘を差しながら花見っていうのも余り頂けないのだが、写真を撮るなどはとてもとても・・・・
雨中に写真を撮るのは、後始末の事を思うととても撮る気は起きない。
写真で生活している人は雨が降ろうと槍が降ろうと、画にしなければお飯の食い上げだから、
その後の機材の手入れなど構ってはいられなかろうが・・・・
ただ職業とすれば、機材を壊してもその後の見返りがあるから、素人とは比べ物にはならない。



Lilium ms9s





扨、雨中に花の写真を撮るというのは花についた雨滴が効果を上げるのだろうかということなのだが、それは一概には言えなかろう。
雨後の花の美しいのは雨に洗われて、色が冴え、瑞々しむ見える事は否定できないが、
雨滴が花についただけで写真が良く見えるかどうかとは関係ないとは思う。
花の写真は周りの雰囲気と、背景の在り様で殆ど決まってしまうと思ってはいるのだが、
時には雨滴の付いたものも雰囲気に合わせて撮ってみたいような気もする。
そんな時は、雨上がりを狙うのだが、雨が上がってもどんよりと曇っていては色の冴えが見られないので、やはり逡巡してしまう。




Lilium ms10s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.20
Sat

夏 椿

シャラノ樹と呼ばれることもあるが、名前の如く夏に咲く椿、夏椿が普通の呼び方の様。
ツバキ科の樹木ではあるが、落葉樹であり、樹幹の皮がはがれて、美しい木肌を見せるところからサルスベリと呼ぶところもある。
花は朝開いて夕には落花する一日花。
高木で樹高が高いため花を見るには空を見上げる様。
落花を見て初めて、もうこの花の季節なんだな~って、感慨深いものがある。



Stewartia pseudocamellia ms5s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





06.19
Fri
あじさい

鬱陶しい梅雨ではあるが、薄暗い樹間にひっそりと咲く紫陽花が何故か心を惹く。


Hydrangea macrophylla ms1s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top