FC2ブログ
08.28
Fri

花は七月ごろから咲き始める夏の花である。
我が国では風蝶草とも、酔蝶花とも呼ばれている。
花からでている長い雄しべと雌しべ。
見様によっては実に奇怪な姿をしている。
名前はその雄蕊、雌蕊が風に揺れる姿を表しているのだろうか。
ピンクの蕾が、開花してだんだんと白くなっていくのも面白い。、


Cleome hassleriana ss2s


南アメリカ原産の一年草で、草丈は1mを超える。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top