FC2ブログ
09.30
Wed

散歩の途中の家の庭にある鉢植えのピラカンサが赤い実を付け始めている。
ピラカンサと言うのは、タチバナモドキ、トキワサンザシそれとカザンデマリを指す総称らしい。
春に白い花を咲かせるというが、その花は見たことがない。
ピラカンサとは言うが、これはタチバナモドキだろうか、トキワサンザシだろうか・・・・・
植物の世界の分類は煩雑だ。
基本的にはオレンジに近いかい柿実種と赤実種に区分けされるという。
我にしてみれば、それがどちらであっても一向に気にならず、ただ美しい姿でさえあれば・・・・・



Pyracantha ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)









09.29
Tue

白い彼岸花


Lycoris radiata fm16s



もう、ガーデンシクラメンが咲き始めている。
彼岸の頃の花と云えばコスモスと彼岸花が主力でしょう。
それでも園芸種の開発が進んでくると、花の季節感はどんどん失われてしまいます。
彼岸花は種ができないとは言いながら、白花種が増え続けています。
園芸品種の開発は止まるところを知らない。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






09.28
Mon
園芸コーナーではもう様々な品種のシャコバが花を咲かせている。
原産地のブラジルに何種か自生、分布しているらしいが、どの様な名称で呼ばれているのだろうか。
樹上や岩場などに自生するらしい。
クリスマスカクタスとかデンマークカクタスとか言われているのは園芸種を指すらしい。
我が国ではシャコバサボテンが一般的。
特異な姿の花で、色もとても豊富。



Schlumbergera ms4s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





09.27
Sun

茎が緩いカーブを描いて下垂して沢山の花を咲かせる。
秋の野山を散策していると風に揺れる花を見ていると、ほのぼのとした風情を感じる。



Tricyrtis ms2s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





09.26
Sat
白も爽やかでいい・・・・・



Lycoris radiata fm17s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





09.25
Fri
優しげな色合い


Cosmos ss32s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





09.24
Thu
ペンタスと書かれた札が置かれていた。


Pentas lanceolata ms1s



熱帯アフリカ原産で数多くの原種があるらしい。
その園芸種がいま小さな花壇に植えられていた。
初めて見る花なのだが、その小さな花の赤が実に強烈なな印象を与えてくれた。
他にピンクや白も植えられていたが、白はも咲いて時間がたつのだろう、純白の美しさが失われていた。



Pentas lanceolata ms3s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





09.23
Wed
彼岸花幻想


Lycoris radiata fm21s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)




09.21
Mon


ケイトウの仲間は熱帯・亜熱帯におおよそ50種ほどが分布しているという。
属名のセロシアはギリシア語に由来するが、ある種の花色にちなむんだ命名。
この種などは将に燃える炎の色。


Celosia cristata ms1s



この赤、撮るのは意外と難しい。
色補正に失敗すると色飽和を起こして画にならない。
ケイトウは鶏の頭、トサカに似ているのかも・・・・


Celosia cristata ms2s


ヒユ科セロシア属で、我が国では一年草として扱っている。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








09.20
Sun
我が国では、以前はあまり好まれる花ではなかったが、
今はそんな懸念は全く払拭されてしまったかのごとく、道端の片隅にでも見ることが出来る。
風景として画にしたものも多いが、環境に左右されることが多くなかなか難しい。
いきおい少ない花数で画にするのだが、それでもこの花が好きな所為か、飽きもせず撮り続けている。



Lycoris radiata fm1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





09.19
Sat


我が国の山野や里山に自生する毎年花を咲かせる宿根草。
とは言っても日本原産ではなく、古い時代に中国からやってきて、野生化したもの言われている。
漢字で書くと秋明菊、秋まっさかりに開花して秋を彩る,名前通りの花。


Anemone hupehensis ms2s


アネモネの仲間でジャパニーズ・アネモネとも呼ばれている。
別名キブネギクとも。
以前は京都の貴船で多く見られたという


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





09.18
Fri
彼岸花


Lycoris radiata ss30s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top