FC2ブログ
10.31
Sat
暑いところの花で、夏の花と思っていたが、
温室じゃなくても、狂い咲きか今頃花と咲かせることもある様だ。
周年ベランダ暮らしで、寒さに強くなったのかも・・・・


Hibiscus ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





10.30
Fri
もう終わりだ、もう終わりだと思いながらもついつい撮ってしまうのがこすもす。
この黄色いコスモス、なぜか惹かれる。



Cosmos ss48s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





10.29
Thu
シャコバサボテン


Schlumbergera ms9s



この花の花言葉に一時の美、とか美しい眺め、と言うのがある。
美しい眺めは咲き始めてからほんの僅か。
美しいものは時が過ぎれば、何者であっても同じ。
美しければ美しいだけその末は哀れに見える。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






10.28
Wed

高価なシクラメンを買っても、殆どが一年で消えてしまうのだが、
ガーデンシクラメンと呼ばれる品種が出来て、地植えのままで、何年も花を咲かせることが出来る様である。
花は貧弱で小さいが画にするには、これで十分間に合うようである。


Cyclamen ms4s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






10.27
Tue
何の変哲もない流れに花添える光景。
ほんの一叢の明るい花があるだけで、何か微笑ましい光景に見える。


View ss7s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





10.26
Mon
 薔 薇


Rosa js45s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

10.25
Sun
薔薇の魅力って何だろう、と見るたびに思うのだが・・・・


Rosa js57s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





10.24
Sat
季節の移り変わりが急にスピードを増した様な気がする。
もう山茶花の咲くころになってしまった。
この花はこれから長い哀っだ随分と楽しませてくれるのだろう。



sasanqua ms9s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

10.23
Fri

町の中も色とりどりに染まって、なかなかに華やかな様相を呈してきた。
街路樹のもみじも日ごとにその赤みを増している。


View ms1s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





10.22
Thu

秋の物寂しい風情を醸し出すのはこの草が一番よく似合う。
尤もその雰囲気にもよるが、背景によって随分と印象が違ってくる。



red leaves ss12s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





10.20
Tue
花々を画にしようとするとき、様々な感情が湧き上がってくる。
姿の美しさ、色の美しさ、・・・何かが己の心の琴線に触れるからなのだろう。
この花の淡い色合い花弁のそれぞれのグラディーションの美しい風合いに見惚れて暫し佇んでいた。
それでも思い描いた花の持つ美しさには到底及ばなかった。



Rosa js43s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







10.19
Mon

街路樹が様々な色に染まって秋本番の感・・・
やさしい色、華やかな色、様々に咲いたこすもすも、秋がここまで色付いてくると、もう終わりに近づいた様である。
花の終焉は何時も一抹のさみしさを感じさせる。



Cosmos ss1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top