FC2ブログ
12.30
Wed

昨日干し柿を買ってきた。
お正月の酒のつまみにとてもよく似合う。
だけれどこの頃は昔の様な串柿と言う物は滅多に御目にかから裸ない。
子供の頃、お正月になると床の間に大きなな鏡餅を飾り、正月にふさわしい掛け軸に飾り直すのを眺めるのがとても好きだった。
鏡餅の上に串に刺した干し柿を飾って、ミカンを乗せた姿ってとても好きだった。
この串柿も、正月七日を過ぎるころまでに串だけになってしまっていることがほとんどであった。

本年最後の投稿になります。
皆様には、拙い記事にご訪問いただき誠にありがとうございました。
また様々なコメントを頂きましたにも拘らず、返事を書くことが出来ず失礼をいたしました。
ご容赦のほどお願いいたします。

よいお年をお迎えください。



View ms7ss


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

12.29
Tue
晩秋の景色は何故かもの寂しい。


View ss16s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.28
Mon

写真は撮るときの楽しみ、撮った後の現像で、写真を作り上げていく楽しみがある。
撮るときに思い描いたイメージを思い出しながら現像していくのは何と楽しいひと時である。
写真はJPG設定で撮影してしまうと、それはカメラの写真であって撮った人の写真ではない。
露出を決める時でも、とことん追いつめて決定出来る人はまだしも、多くの人はそこまではしない。



View ss12s


RAWで撮るときの露出は追い詰めて撮る必要があるのは勿論ではあるが、時として間違える事がある。
そんなとき、RAWで撮ってあれば現像時に少々の事なら救いようがある。
大切なのは使っているカメラの露出計の特徴を正確に知っておく必要がある。
写真の楽しみ方は人それぞれで一概には言えぬが、現像をカメラ任せにするのは、やはり写真の楽しみの一つを無くしてしまっているような気がする。
折角良い画になったと思ったら、露出の不具合でがっかりすることは多い。

この画をJPGで撮ったらどのようになったであろうか。
真っ白なグリーングラスの穂が真っ赤な夕日を浴びて黄金色に輝いていた。
太陽を画面に入れる画はカメラにとって一番条件の悪い状況であるだろう。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.27
Sun
見事に咲きそろったピンクのサザンカ。


sasanqua ms2s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.26
Sat
椿は咲いて萎れる寸前に花が落下するので知られている。
萎れても、木にへばりついて無残な姿を晒さない、何とも潔い花ではあるが、
この初雁と言う椿は落花することもなく萎れたまま木にへばりついている。
花って美しいというイメージンだけに萎れた無残な姿は見たくないなあ~
特に、この初雁と云う名の椿は、昭和侘助と言われるほどの花であるだけに、特にその感が強い。



Camellia ms4s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.25
Fri
春を告げる草花として古くから親しまれている
スイセンの仲間には数十種類の野生種があると言われている。
単にスイセンというと、古来より日本で野生化しているニホンズイセンを指すことが多い。
しかし今では他の種や園芸品種もひっくるめたスイセン属の総称として用いられるようである。


Narcissus ss19s



開花期は種によっては、早いものでは紅葉の頃、紅葉した木の下にその姿を見ることが出来、遅いものは梅が終わる頃に花を咲かせるものもある。
日本水仙とは言っても、日本固有のものではなく、地中海沿岸あたりのものが、シルクロードから中国を経由して、我が国に入ってきたといわれているようである。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.24
Thu

もうこの花が咲く時期になったんだな~って、感慨に耽って見たり・・・・
蝋梅にも種類は多い。
今頃咲くのは早咲きの素心蝋梅であろう。
いわゆる蝋梅と呼ばれるものなら花芯に暗紫色の斑が入っていると言われている。
ソシンロウバイはロウバイの園芸品種とされている。
黄一色で、花びらが丸みがあり、芳香が強く、辺り一面いい香りに包まれている。
公園や、庭木などに好まれるのか、散歩の途中などでもよく見かける。
花色が濃くて遠目からでも目に付く。



Chimonanthus praecox ms4s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.23
Wed
山茶花

とても美しい花であった。
姿と云い、色と云い、しばらくは見惚れていた。


sasanqua ss45s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







12.22
Tue


早春に早々と一面に花を咲かせるところはあるのだが
、まだ春とは言えぬ初冬に何故花を咲かせる必要があるのだろうかなどと思ったりもするが・・・
それでも黄色い春色を見ると、何故か気持ちが軽くなってくる。


Brassica rapa ms2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.21
Mon

もうここまで押し詰まってくると撮りに出かける気もなくなってしまう。
散歩のついでにと思っても、今咲いているのは安物の山茶花が気にへばりついているのを見るのが関の山。
新しく手に入れたPenで撮ってみたいのだが、撮るものもない。
シャコバがずいぶん膨らんできたので、初撮りはそれになるようである。
キャノンのDPPに比べて、オリンパスの現像ソフトViewer3は使いにくそう。



Rosa js74s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.20
Sun
本年ものんびりと月日を振り返っているほどのひまさえなくなってきました。
もう後ほんのわずか・・・・・
この時期どんな画がいいのだろうね。


Schlumbergera ms14s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





12.19
Sat
湖畔にて



Mt fuji kw16s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top