FC2ブログ
12.17
Thu
植物は自然環境に左右されることは自明の理だが、
今年の日照時間の短さは様々な処に影響を齎しているのだろう。
今年の初めに初めて見つけた椿が、早々と花を咲かせていたのだが、
天候の不順からかその後殆ど花を咲かせなくなっている。
一杯に蕾を付けてはいたが、全く成長していない。
今年の日照時間あの極端な減少はエルニーニョの影響だとと言う。
この後冬に向かって自然現象はどの様な様相を見せるのだろうか・・・・・
太古の昔から人間は自然の力に翻弄されてきたが、いかに科学が発達しても、
自然の力には人間は為す術を知らぬようだ。



Camellia ms3s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top