FC2ブログ
05.31
Tue



Rosa ms15s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





05.30
Mon

今から夏にかけて、至る所で色とりどりのタチアオイを目にすることが出来る。
茎が長く立ち上がって一杯に花を付けた姿は夏の風物詩。



Unknown ms2_1s




このゼニアオイも盛りが過ぎたか、もう一刻の華やかさが消えてきた。



Malva alcea ms11s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





05.29
Sun


花を見て何に感動するのか。
姿に魅せられて・・・
色に魅せられて・・・



Rosa js9s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





05.28
Sat



これもアメリカ原産の草で性が強くよく繁殖する。
これも殆ど雑草化して、広範囲に蔓延ると駆除するには大変な思いをする。



Tradescantia ms2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








05.27
Fri


Oenothera speciosa ms1s



日本には自生ししていないが、海外から持ち込まれたものが、野生化している。
道路脇や、荒れ地、野山など、至る所に生えて、野生化と言うより雑草と言っていい。
アメリカ原産の植物は性質が悪く、殆ど在来種は駆逐されてしまう。
オエノセラ属でツキミソウ・マツヨイグサの仲間。



Oenothera speciosa ms2s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








05.25
Wed

ピンク色で中心部分がほんのりと白くなります。その姿は素朴で可憐です。白い花を咲かせるものもある。
性質が丈夫でよく発芽するので、花壇などにもよく見かける事がる。
ヨーロッパでは畑の雑草として嫌われるほど、草丈を伸ばして生長する強健な性質であるらしい。
それ下も薫風に揺れる野性的なピンクの花姿は魅力的である。



Agrostemma githago ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





05.24
Tue

全身白い微毛に覆われて、全体が柔らかそうな印象を受ける。
リクニスとも呼ばれる小さな花が咲き始めている。



Lychnis coronaria ms1s


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







05.22
Sun

有数年もいると一つの球根が幾つにもなって、その度に別けていたのだが、
面倒になって放置していたら、何本も茎を伸ばし始めた。
何日も前からつぼみが膨らんでいたのだが、漸く咲く気になったらしい。



Hippeastrum ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





05.21
Sat

一色の花と違って、この様な花は思い描いたイメージにどれ程近づけられるか。
プリンターから吐き出される印画紙を見た時の印象に一喜一憂する写真の楽しさは何にも代えがたい。



Rosa js10s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





05.20
Fri


ルピナス


View ms1]s



花壇には今を盛りとハーブのゼニアオイが咲き乱れている。



Malva alcea ms4s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





05.19
Thu


風薫る五月のある日、ぶらりと公園へ出掛けてみると、鈴懸が満開で真白に染まっていた。



Siraea cantoniensis ms2s





公園の藤棚の藤も薫風に揺れている。
富士を眺めながら一息する・・・至福の時である。



Wisteria ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

05.17
Tue


次々に花を咲かせたアイリスも、もう下火になってきた。
しおれた花柄がうるさく見える。


Iris germanica ms11xs



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top