FC2ブログ
12.21
Wed

ツバキの種は千を超えるという。
やぶつばき系、ゆきつばき系一重の庇護つばき系が中心となって園芸種が開発されているらしい。
つばきは古来その枝は魔除けに役立つとして、儀式や祭礼などに使われていた。
つばきは元は厚葉木、艶葉木と呼ばれていた様だが何時の頃からかつばきと訛ったといわれているらしい。
茶花として好まれる侘助は如何してその名がついたのかは知らないが、侘びを好む茶の湯での侘びに通じたのだろうか。



Camellia msn1s



昭和侘助とも呼ばれる初雁であるが、侘びには似合わず華やかに見える時もある。




Camellia fm1s



何故か侘びを感じる様な・・・・・・



Camellia js71s



生い茂ったずう~っと奥に、ひっそりとだが華やかな感じで咲いていた。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top