FC2ブログ
02.28
Tue
ある晴れた暖かな日、気の向くままに小さなカメラを一台ぶら下げて逍遥するのもまた乙なもの。



Prunus mume fm60s




気張って良い花を撮ろうと探してみても、もうこの辺まで来ると殆ど見込みはない。




Ume fm16s




それでも遅咲きの花々が結構楽しませてくれる。



View fm5s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)



02.27
Mon

厚く積もった枯葉の間から小さな姿を現す。
地べたに腹ばいにならないと、なかなか思うような姿はとれない。
昔は花とみれば何でも撮っていたが、此の頃は敷物でも持っていかないときはとる気にもならない小さな野草。

ヨーロッパにが分布する球根植物。
ヨーロッパでは古くから親しまれているらしく、宗教との関わりも深いという。
宗教とどんな関わりがあるのだろう。
キリスト教ではキャンドルマスの花とされているというがどのような関わりがあるのだろう。
神話や伝説が多く残る植物だというが、一度調べてみると面白いものが出てくるかもしれない。




Snow drop mss2s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





02.26
Sun

同じ名前で出ています、ではないが同じ名前で所属の科が違うものがあってとてもややこしい。
サクラソウ科のプリムラモデスタも雪割草と呼ばれることがあり、
一方キンポウゲ科のスハマソウ、ミスミソウなども雪割草と呼んでいる。
ヨーロッパにはミスミソウなどの原種に当たるヘパティカ、ノビリスと言うのがあってそれが基本種とされているらしい。

今咲いてる花ってもう何にもないんで、近くの河津桜が咲くまでは、梅ばかりになりそう。



Primura modesta ms2s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)




02.23
Thu

Prunus mume fm47s




青軸性の梅。
一重の茶青だろうか・・・・
野梅系の梅の所為かとても良い香りがする。
茶菁のほかにも、月影、白玉、緑咢などと云う品種もある。
とても好きな梅花の種である。




Prunus mume fm57s





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





02.22
Wed

Ume fm14s





毎回同じような画を載せていると、気の利いた分も思い浮かばなくなった。
気が向いたら眺めてください。





Ume fm13s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





02.20
Mon


Camellia ms26s




乙女たちも暖かい日差しを受けると楽しそうだ。




Camellia ms24s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





02.19
Sun

Prunus mume fm8s





今日は能書きは何にもなし、ただ画を二つ並べるだけ。




Prunus mume js32s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





02.18
Sat



日本水仙に似た姿ではあるが、なんという種なのだろう。



Narcissus ms10s



どんな花でも八重咲きとなると重厚な感じを見せてくれる。




Narcissus ms5s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





02.17
Fri


Veronica percica ms2s





アメリカのドラマでヴェロニカって少女がいたなって、この花を見るたびに思い出す。
この花が一杯に咲いているところを瞬きもしないで見ていたうら若い女の人がいたな。
悪名の一つに数えられる花ではあるが、なかなかどうして綺麗なものだと思う。
もう少し大きな花であったら、随分と人気が出るのではなかろうかとも思う。




Veronica percica ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.15
Wed
マンサク


Hamamelis japonica ms3s





日本各地の山野に分布する樹木で冬に落葉するという。
早春を代表する花木のひとつで、何にもない枯れ枝に奇妙な姿の花を咲かせる。
梅を獲りに行って序に撮ってくる花の一つなのだが、最初の頃は毛糸屑か何かが木に絡まっていると思ったものだ。
我にとっては花ともいえない奇妙な姿のものだが、これも花木の一種。
そう言えば、この花が終わった後はどんな姿になるのだろう。
落葉樹と言うのだから、葉っぱが芽生えるのだろうが、どんな形なのか見た事は無い。
こんな樹木が庭木として広く親しまれているというから、日本人って不思議な生き物だと思うなあ~。




Hamamelis japonica js2s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)








02.14
Tue
Ume js29s





街の中で花を一杯つけた梅を見かけるが、やはり画にするには物足りない。
折角の花も汚れたり花が小さかったり、いろいろと注文が付く。




Ume fm6s




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






02.13
Mon

Eranthis pinnatifida ms2s






この小さな花を見て、もう節分なんてのも終わってしまったんだ、時殺鉗の欠落の驚いている。
花の写真などを撮っていると、花を見て初めて季節の移り変わっていくのを実感しているのような気がする。





Eranthis pinnatifida ms6s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)

back-to-top