FC2ブログ
07.31
Mon

姥ゆりがあれば翁百合と言うのがあってもいい様な気がするが、今だ過って聞いたことがない。
姥ゆりとは言っても、正確には百合ではない。
ユリ科の植物であり、大まかなゆり族の一員ではあるのだろう。
因みに、一般にゆりと言っているユリはリリウム属、ウバユリはカルディオクリナム属であり、学名はCardiocrinum cordatumである。

写真を撮り始めて、石仏から花、植物へと対象を移し替えて以来、
日本固有のゆるが世界的のも重要な位置を占めている種が多いと判って、
それ以来日本固有のゆりはすべて撮ってみたいと思っていたが、ここまで来てしまってはもう無理な様な気がする。
その中の一つに、純たるゆりではないが、姥ゆりもその内に入っていた。
去年、姥ゆりの咲くところを漸く調べたのだが如何にも遠い。
つい最近になって、八王子の公園で姥ゆりが群生しているところがあるというので調べてみると、
もう咲き始めているというので早速出かけてみた。




Cardiocrinum cordatum hk1




八王子の小宮公園、トンネルの上にある広大な雑木林。
その谷底に群生していた。
真新しい木道が延々と展開している。
その両サイドに、もう見頃と云えるほどの姥ゆりが咲き競っていた。
雑木林の谷底であってみれば、鬱蒼と薄暗く、僅かにさす木漏れ日がある。
風も無く、しつどはおそらく80%は超えているのではと思うほどに、ねっとりと体を包んで不快指数などと言うものではない。
撮影と言うのは意外と重労働なのである。
タオル二本、絞るほどに汗をかいて、一時間少々の撮影行は終わった。

ただ人間の眼と言うのはよくできたもので白い百合は白く見えるが、
写真では周りの木々の緑の反射が影響してすべての物が緑に染まってしまっている。
普通に撮ったのでは画面全体が緑に色かぶりしてしまう。
ISO100では1 / 10も切れない、目視では意外と明るいのだが、カメラは違う様だ。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







07.30
Sun

もう随分前の事だが、写真を撮る人も少なかったころ、農家のハス田に蓮花を撮りに行ったことがある。
早朝、花が開き始めるところがいいというので、中判カメラを担いで出かけたことがある。
その頃は、アルミバッグにカメラとレンズを二、三本入れて、反射式と入射光史記の露光計、フィルムに三脚などを担ぐと20キロにはなった。
今思うと、つくづくと若かったんだなーって思う。
そのフィルムを探してみたが、引っ越しのどさくさに紛れて、随分ネガを失った。
とは言っても、その頃はまだ丁寧に保存してもカラーの退色は防がなかった時代だから、今あっても何の役にも立たないであろう。
デジタル化すれば永遠に保存可能なように思うが、器機の変更で、データーを取り出すことが出来なくなってしまう可能性がとても高い。
特に個人向けのPCや保存器機は耐久力が欠落しているからその可能性は大きい。
企業向けのPCがこの様に耐久力がないように作られていたら、企業でPCを使うことも考えてしまうのではなかろうか。
悪く考えれば個人向けのPCは耐久力は度外視しているのではなかろうかと思う。




Nelumbo nucifera my46


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)









07.29
Sat


Lilium ys38





夏草が鬱蒼と茂った林の小道を歩いていると、仄かないい香りに出合うことがる。
場所柄、即どこかに山百合が咲いていると、
辺りを見回すとほんの少し入ったところに、一株、二株の山百合が・・・・。

花粉を媒介する虫たちも、この香りに誘われてすい寄せられるのだろうか。
だとすれば人間などと言う生き物も、虫などとは大差ないってことなのだろ。う。



Lilium ys6



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.28
Fri


今年の夏は随分と過ごし難い夏になったようである。
高温多湿の過ごし難い日本の気候ではあるが、常に60%以上もの湿度では体が持たない。
梅雨が明けたなどと言っても気圧配置は梅雨の時期の物と全く変わらない。
気圧配置の前線が上がって、梅雨明けだなどと早とちりた気象庁もどの面下げて予報をしているのだろう。
あの程度の上がりで、一瞬にして戻ってしまっては梅雨明けとは言えなかろう。
自然を相手に自然の状況を予報しようとするには能力不足なのだろう。
植物や自然の中で生きている生き物たちの方が遥かに正確に自然の状況を予知している様だ。
一瞬の間しか生きられない彼らにとって、その能力は欠かす事の出来ない力なのである。
自然を解明しようなどは無能な人間の思い上がりに過ぎない。
天気予報にさえ権力が顔を出す、迷惑するのはここでも国民である。
ただ今の自然状況は、梅雨の真っ最中である。



Hydrangea macrophylla tf1



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)







07.27
Thu



Rhopalocera td4





暑い夏のほんの一時を精一杯生きている生き物たち。
今頃になると、精一杯生きた蝉の亡骸が道端の隅に転がっているのを見ると、生き物の命の儚さをつくづくと感じる
自然の中のではなかなか見れない種の生き物たちを集めたところがある。
動物園の昆虫生態館のドームの中に多くの蝶たちが舞っている。
炎天下で温室の様なドームの中でも無いのだが、様々な蝶をまじかで見るには格好の場所と言えるのだろう。
どの様にして二千以上もの数を維持しているのだろうと思うのだが、夫々の蝶の生態など知る由もない者にとっては、驚異的な数である。
常時忙しなく動き回る生き物を撮るのは好きではないのだが、一度は見てみるのもいいのかも知れないと・・・・・・
だがよく観察してみると、全く完全な姿の物は数少ない様に見える。
羽が裂けたり欠けたりしている蝶たちの多いのには驚かされるのだが、
それでも元気に飛び回っている様に見えるのは、何とも傷ましい様な気になってくる。





Rhopalocera td2




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.26
Wed


Helianthus ms1






夏の花はヒマワリと決まっているが,この小さなヒマワリに似た花が無数にあってどの品種の花なのか区別がつかない。
ヘリアンサスはヒマワリ属を意味するのだろうが、この小さなヒマワリに似た花は何と呼べばいいのだろうか・・・・・
花の名前や品種は画を作るについては如何でもいいことなのだが、何か書かなければならないと、名前不明では支障をきたす。
もともと画を作るのは名前で作るのではなく、その雰囲気やその美しさに魅せられて画にするのだから、
所詮は名前などどうでもよいということなのであろう。





Helianthus ms2




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.25
Tue


ダリア

真夏の炎天下に大輪の美しい花を咲かせる。
原種は中米に分布するが、今吾らが見るのはその野生種を掛け合わせた園芸種である。
炎天下に咲くとは言ってもやはり植物にとっては酷なのだろう、一休みした後秋になって再び秋のダリアを見ることが出来る。
品種は驚くほど多く人それぞれ、好みの花を観賞するとよい。     



Dahlia md6



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)










07.24
Mon


山百合は名前の如く、栽培種として庭先に植えたもの以外は、叢をかき分け藪の中を辿って漸く行きつく。
同じ山百合と言ってもその生育場所によって、色やその姿は大いに違って見える。
もうこの時期になると、花枯れと言っていい。
花や植物なら何でもよいというなら話は別だが、
この時期暑さを押して撮ろうと思うのは、余程撮りたいものに限られてくる。

日本は四季があって住みよい国だなどと言うのは世迷い言としか思えない。
更に己さえよければ国民などどうでもよい、
などと考えている政治屋や官僚どもの跋扈する国が良い国などとはとても思えない。




Lilium ys10



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.23
Sun



オニユリが咲き始めた。
オニユリは一般的になり始めたのかあちこちで花を咲かせている。
とは言っても、見るだけならいいが撮るとなると条件の悪いところが実に多い。
オニユリのむかごを獲ってきて、適当にばら撒いておけば三年もすれば、一応花を見ることが出来る。
多くの人は携帯などで写真を撮るけれど、花を作るときは撮ることは考えない。
だから、凡そ撮り易いところには咲いていない。
街中の至る所でオニユリは見掛けるが凡そ撮り易いところでは咲いてはいない。



Lilium os10



この花が何故オニユリなどと呼ばれるようになったのかその語源がはっきりしない。
と言うよりも、鬼とは今では全身真っ赤で角の生えた怪物のイメージが定着しているが何故鬼と呼ばれるようになったのかはっきりとはしない。
鬼とは何ぞやと言うであるが、それぞれ諸説があって曖昧模糊としている。
今の、鬼と言う文字は何時頃から使われたのあろうか・・・・
万葉集には鬼の文字を使ったものもあるが、オニとは読ませていない。
今では鬼とは愛嬌のあるものとして見られているが、その鬼を突き詰めようとすると大変なことになりそうである。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.22
Sat

公園の蓮がダメと為ったら、車で一時間かけて、駐車場から1.4キロ歩かなければならないところは、
この炎天下持ちそうもない。
如何しても撮りたければ、行田の蓮園へ行くしかない。
車にナビが付いていないので、到底辿り着けそうもない。
もう行田の蓮ももう終わりだろう。



Nelumbo nucifera my1



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.21
Fri


蓮を獲りに行ったとき駐車場に真白な小さな花木が見えた。
近寄ってみるとむくげの様だ。
陽の当たり具合が面白く、背中に当たる木漏れ日の模様が面白い。
もう一つの品種もあったが、これは背中が面白くない。
家の近くのむくげも咲始めた様で、早朝に朝露の残るうちに撮りたいと思っている。



Hibiscus syriacus ms2x


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





07.20
Thu
古代蓮とはいうけれど、能書きによると三粒の蓮種が見つかったということらしいが、
この頃では懐疑的になっている。
発見された種自体を鑑定して、時代を推測したわけではない。
発見された種の周りに古代の何かがあったというだけのこと。
何かの拍子に、後になって種が紛れ込んだ可能背も十分考えられる。
二千数百年と云うと、縄文に近い弥生の頃、その頃に蓮が生育していたという記録はなかろう。
発見された種自体から年代を推測してのではなく、廻りの物からその中にあった種を古代の種と推測したのであろう。


Nelumbo nucifera my35




何公園と名の付くところは、市民の憩いの場であり、文化のバロメーターでもある。
ここ数年国立の公園をはじめだんだんと荒れ始めている様な気がする。
国のと言うより、安倍の基本方針なのだろうが、内弁慶のお山の大将の常とう手段、
弱い者虐めをかなり進めているが、市民に対する配慮は全く埒外に置いている感がある。
それを真似るわけでもなかろうが、市民重視を基本とする市以外は公園に対する手抜きが目立って居る様である。
菖蒲田や、ハス田を持つ此のこの公園のハス田は数年前と比べると驚くほど荒れ果ててきた。
蓮の葉の間から雑草がびっしりと生え、さもないところは雑草さえ遠慮する程のどろどろの薄汚い藻が水面を埋め尽くしている。
あれでは蓮根も層々良い花を咲かせる気にはならなかろう。
以前は蓮を撮りに多くの人が来ていたが、今はもほんの数人、出かける気がしなくなったのであろう。
井の中の蛙のお山の大将が無能だと、それがどんどん下へと波及していく。
なんともお寒い、危い国に成ったものだと思う。
古代以来、中国では優れた宰相が次々に現れたが、我が国は現代に至るまで如何して優れたが宰相現れないのだろうか。

因みに、掲載の蓮はこの公園ではありません。



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top