FC2ブログ
08.21
Mon


Anemonopsis macrophylla mt68





東京近郊では、蓮華升麻といえば、御岳の僅かばかりの林間の斜面に咲いた花々を蓮華升麻の群生地として名を馳せている。
とは言ってもこの夏の天候では、薄暗い木漏れ日もない林間では思うような姿のものを撮ることは難しかろう。
この頃は地上へも降りてきて、所々で鉢物に出合うこともある。
御岳よりさらに近いところでは、高尾山の野草園の一角に僅かに咲いているのを見ることが出来る。
ただし、この野草園の花は数年前に行ったきりなのでどのように改良されたかは分からないが、恐らくは変わりないだろう。
だとすれば美しく撮るなどとは全く無縁の花であの美しい紫の裾はみるかげもない。
尤も自然に生育してこその野草なのであり、人間様の手が加わっては野草とは言えなくなってしまう。
野草は野にあってこその野草であり、その素朴さが人々をひきつけるのである。



Anemonopsis macrophylla mt69




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





back-to-top