FC2ブログ
04.30
Mon

Erigeron philadelphicus ms1




世におじゃま虫は多い。
大正期に一攫千金を夢見て、輸入した代物だが、こんなもの銭になる花ではないことは一目瞭然。
こんなものを持ち込んだバカは、土の中で呻いていることだろう。
それで喜んだのは草刈りなどを行う造園業者ただ一人。
それでもこんな花でも画に使用という、ものもいるのだが、よほど撮る物がなくって、うろうろ探し回っているものだけだろう。
北米の草花を持ち込むときは、よほど吟味する必要がある。
北米の雑草が我が国全土で数多く繁茂しているのはなんとも見苦しい





Erigeron philadelphicus ms2


<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





04.29
Sun


こんな花でも、花を撮り始めた頃ははるばると大きな公園まで撮りに出かけたものだ。
今はもう、至る所の道ばたで見ることが出来る。
この花々も、家の近くの何時もの処で、何時ものように、群れていた。
近くでいつでもとれる習慣が付くと、この花夕方には花を閉じてしまうことを忘れていた。




Bletilla striata ms1x



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





04.28
Sat

Iris sanguinea ms15





先日来、つぼみがどんどん大きくなって、何時咲くだろうと待っていたがやっと花を咲かせた様である。
この青紫のアヤメ、日差しのあるときに撮ると、隠れた色合いの赤みが表に出てなかなか見た目の色合いの表現は難しい。
それではと、日差しの差さない曇り日に出かけてみたが、やはり同じような色合いにしかならない。
要はレンズを通した光が印板に焼き付ける色合いは、見た目の色合いよりも透過光を感知しているのだろう。
どうにもこのアヤメの画の赤系の紫って言うのはどんよりとして好きになれない。
見た目は美しいのに、何故同じアイリス系の花々の中で、このアヤメだけがこんな汚い色にしかならないのだろう、といつも不思議に思う。
これを書いたのはもう何日も前。
今日あたりはもう満開過ぎで萎れ始めているものも多い。



Iris sanguinea ms17



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>






04.26
Thu


Enkianthus perulatus ms1



秋には真っ赤に紅葉して、美しい姿を見せてくれるドウダンツツジ。
秋の紅葉は非常に美しく、季節ごとに楽しめる樹木である。
一口にドウダンツツジとは言っても、何種もの仲間があるようで、区別は甚だ難しい。
春に新しい芽が吹く頃に花を咲かせる。
スズランのような白い壺型の花が、枝から垂れ下がるようにたくさん付いている姿が面白い。




Enkianthus perulatus ms2



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





04.24
Tue

Nemophila ss6





そう言えば、この前時期の過ぎたチューリップを撮りに行ったとき、ネモフィラが申し訳のように植えられていた。
子供だましの花壇であったが、撮る物もなく、通りがかりに何枚か撮ったのを思い出した。
安かろう、わるかろうは海外流出企業の製品だけで結構だ。
同じ国立でも、公園の規模や、園長のものの考え方で、公園作りもずいぶんと差が出来るようだ。
常陸の海浜公園のネモフィラはつとに有名で、それはそれは見事な景観を呈している。
公園規模の差と言えばそれまでだが、海浜公園の見事さはこの花だけに限ったことではない。
それでも、昭和公園の一昔前は、このネモフィラは一山を埋め尽くしたこともあったが、ちいさな丘とはいえ見事ではあった。
夏のひまわりの群落も今は夢のまた夢、ずいぶんと様変わりした昭和公園ではある。




Nemophila ss1



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





04.23
Mon

Cornus florida ms10




街路樹の効用は様々だが、花を愛でるためのものも一つの主要な要素である。
桜のようにぱっと咲いてパッと散るのも、花吹雪眺めでいいのかもしれないが、寿命の長い花であることも重要であろう。
この花も結構長い間楽しませてくれるようだが、赤系のものは少なく、白いものが目立つ。
赤い花をようやく目にして、撮りたいときはカメラなし。
それでも、意を決して取りに戻って、撮ったはいいが、イメージ通りにはなかなか描けないようである。




Cornus florida ms16



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





04.22
Sun
春すぎて 夏来にけらし ~
こんな和歌など入れようものなら、変換作業が大変である。
持統も苦笑いしてることだろう。
Win10nに搭載されたWordの使いにくさと言った、今までの中で最たるものだろう。
このバカ、一人前に修飾語が重複してますとか、それは間違いデスなどとのたまう割に文節がわからないらしい。
日本語の文節、区切りの分からない奴が、どんなに巧妙に作ろうとも、適切な変換ソフトなど出来るはずもない。
江戸の頃に書かれた文を入れると、とんでもない文章が出現する。
誰が作っているのか知らないが、日本語の難しさを認識し直す必要がありそうである。
毛唐の中では日本語に通じているぐらいに思っているのだろうが、
代を重ねるに従って、だんだん悪くなる法華の太鼓というところなのだろう。

こんなバカ相手にしていても仕様が無いが、春過ぎて夏來にけらしこの頃は、路傍の草花に種の入れ替わりが続いている。
これまでの山野草や雑草も種の保存の役目を終えて、自らは短い生命を閉じていく。
新たに咲き始めた山野草も、種を残す役目を果たすまで、我らの目を楽しませてくれることだろう。




Zephyranthes ms1



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





04.21
Sat


もうこれだけ咲ききってしまうと、一つ一つの花には、画になるだけの価値がない。
とは言っても、花が集団になるとそれなりに華やかさが醸し出されてくる。
それが風景の中の主力になり得るかどうかはまた別のことである。
それはその画を作り出した作者が何に感動したかに懸かっている。



View ss5



それは人間とて同じこと、開ききった花には臈長けた美しさはあるが、つぼみから開きかけた頃の美しさにはかなわない。
己の意図としては、レンズの限界まで、広げたかったのだが、意図しない有象無象が画面を壊すことを恐れた。
風景の画に、意図しない点景を入れるなら、撮らない方がよいとまで思っている。
今のデジタルの時代では、不要なものは容易に消し去ることは出来るのだが、それでも違和を感じることがあるのは否めない。




<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>

04.20
Fri


富士は花を咲かせるのが大変難しいと聞いたことがある。
我が家に巣くっていた藤など四半世紀一度も花を見せてくれたことがない。
ただ夏には葉を一杯に広げて、涼しい日陰を作ってくれたことがせめてもの罪滅ぼしなのだろう。
近くにある藤が、一昨年まで花を一杯咲かせていたが、去年はついに花を見せてはくれなかった。
藤と言えば、足利の藤が有名だが、さすがに足利までは出かける気が起きないな。


Wisteria floribunda mb1


<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>






04.18
Wed

北アメリカ南部~中央アメリカに分布するつる性の常緑樹。
名前はそのまんまカロライナに自生するジャスミンという意味だが、お茶などに利用されるジャスミンとは全く別の植物。
花を撮ってるととてもいい香りに包まれる、そんなところからジャスミンを連想したのかもしれない。




Gelsemium sempervirens ms1




つるは生育が旺盛で、堅い銅線のような蔓が近くの街路樹の大木の枝を伝って伸びて、そのてっぺんに達している。
常緑だから当たり前だが、冬でも葉が落ちず、よく茂っている。
だが葉っぱに大小の黒斑が付くのが玉に瑕で、画にしたとき修正が大変である。

春中頃から初夏にかけて、黄色い小花を咲かせる。
花が小さいだけにたくさん咲いているようには見えるが、それも年によりけりで、寂しすぎるほど少ないときもある。
今年のように花付きのよい年は、満開時期は全体が黄色く染まるくらいたくさんの花をつけることもある。




Gelsemium sempervirens ms6



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





04.17
Tue

Convallaria majalis ms9




いわゆる日本スズラン、これが日本原産かどうかは知らないが、我が国の寒冷地に咲くあの香りのよいニホンスズランというのを,
一度はユックリ画にしてみたいとは思うが、関東あたりに巣くっていては、お目に掛かることすら出来ない。
せいぜいこの平べったい、ドイツスズランに出会えば幸運と言えるのかもしれない。
例年は五月の連休時に花を咲かせるのだが、今年はずいぶんと早いようだ。
肥料を与えることもなく、毎年必ず花を見せてくれるが、年々草丈、花が小さくなっていくようだ。



Convallaria majalis ms11



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>











04.16
Mon



気候が温暖だったせいか、様々な花々が一斉に花開き、目を楽しませてくれた。
春の移ろいは早く、道ばたに咲いていた様々な野草ももう姿を消してしまった。
去年までは立ち枯れの如く、花を咲かせるのもやっとの状態だった花海棠が、
今年は見事な花を咲かせていたのには驚かされた。
あたかも去年とは別の花木のような蘇り様であった。




Malus halliana ms5



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





back-to-top