FC2ブログ
05.30
Wed

Agrostemma githago ms19




この花を初めて見たときから、その可憐な姿に魅せられている。
地中海沿岸を原産と言うが、我が国では、初夏に花を楽しむ秋まき一年草です。
性質が丈夫でよく発芽するのでその後、花壇などにも利用されるようになりました。
白い花を咲かせるものもあるが、色はピンクで中心部分がほんのりと白くなったその姿は素朴で可憐。
我が国では最初切り花として用いられてきたが、今は花壇などでも利用されて、その可憐な姿を見ることができる。
原産地のヨーロッパなどでは麦畑に生える雑草としての扱われ、園芸的には栽培されてい内容である。
茎葉はやわらかなうぶ毛でおおわれて銀色がかった緑色をしており、全体的に線が細くてやわらかい草姿がいい。
一輪二輪と作姿はいいが、強靱な性質らしく、まとまって繁茂している姿を観ると、ヨーロッパで雑草扱いされるのもうなずけるような気がする。





Agrostemma githago ms8



<掲載写真の複写、無断使用はお断り。>





back-to-top