FC2ブログ
07.15
Sun



オニユリの花びらがどれもきれいな湾曲を描いているのを見つけるのは難しい。
周りの葉っぱや枝や伸びすぎた雑草などに触れるとそれで変化が止まってしまう。
ながぁ~くあらぬ方向に伸びた花びらは様にならない。
公園などでも間隔を開けて植えられているところはほとんど無い。
公園などの花の管理も、唯見るだけのものではなく、一億総撮影者を考えると撮りやすいような花の配置もも考えられて良い。
若年から老年まで撮影装置を持たないで、花の観賞に出かける人はほとんど居ないような気がする。
それはそれとして、オニユリはムカゴという種まがいのものをつけるが、小オニユリはつけないという。
だがそれも当てにはならないような気がする。
我が家の鬼百合は去年まではムカゴを無数につけていたが、今年は全くつけていない。
公園に咲くオニユリも、同じように去年と打って変わって、ムカゴは全く見られない。
種が変種したわけでもかかろうが ~



Lilium om5


<掲載写真の著作権侵害はお断り。>







back-to-top