FC2ブログ
11.30
Fri

随分昔、中判カメラを思いアルミバッグに詰めて、あちらこちらと石仏を撮りに歩いたことがある。
いまは35mmデジタルさえも重くて閉口しているが、好きなものは止められそうもない。
不動尊の山道に、あちらこちらと石仏が点在しているが、お年寄りがそれを巡っているのだろう、元気なものである。
何を願うのやら、一つ一つ手を合わせて拝んでいる、それから比べて己などは罰当たりなものである。
以前なら赤い帽子に赤い前垂れをした石仏は決して撮らなかったであろうと思いながら、
シャッターを落としているのを考えると、変われば変わるものだと、我ながらおかしくなってくる。




View tf15sx




<掲載写真の複写、転載はお断り。>








back-to-top