FC2ブログ
01.18
Fri

冬知らずと書かれて、豆みたいな小さな花を咲かせているオレンジ色に近い花が園芸コーナーに出回っていたが、
今年は姿を見せない。
その代わりでもないのだろうが、小さな公園の小さな花壇にぽつんと一つ小さな花を咲かせていた。
冬知らずと呼ばれてはいるが、元々はキンセンカの一種。
おおよそいま、キンセンカと呼ばれる花はカレンデュラ オフィシナリスと呼ばれる種を言うのであるが、
この小さなカレンジュラはアルウェンシス種と呼ばれる種であるのだが、
元々はキンセンカと呼ばれていたのはこの花であった経緯があるらしい。
それがいつの間にかカレンデュラ オフィシナリスに取って代わられ、
本来のものは冬知らずと呼ばれるようになったのだという説もある。
この世の中、花の名前一つにも様々な軋轢があるらしい。




Calendula arvensis ms1


<掲載写真の複写、転載はお断り。>








back-to-top