FC2ブログ
05.31
Fri


ユリ科ユリ属に属する植物。
海岸の砂礫地や崖などに生える多年草、とは言っても目にするほとんどは園芸種であり、
山野草の一種としての透かし百合を見れることは少ない。
花は上向きに咲くのが特徴。


Lilium maculatum ms1


<掲載写真の複写、転載はお断り。>








05.30
Thu


あまり聞き慣れない種の花である。
花の姿は月見草に似ているような感じがする。
月見草などと言ってもほとんど雑草化してしまった昼咲き月見草などと言う呆けた花もあるが、
このゴデチアは欧米ではサテンフラワーという名で知られているという。
アカバナ科の一年草であるようだが、これとて逃げ出して雑草化しないとも限らない。


Clarkia amoena ms1

<掲載写真の複写、転載はお断り。>







05.29
Wed


この花が咲き始めると梅雨はもう間近。
細雨に降り込められた花は美しい。


Iris ensata js1


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







05.28
Tue

Rosa rugosa mn1



あまり聞き慣れない言葉。
でも、ハマナスというとピンと来る人も居るかも知れない。
そう、原種バラの一つ。
我が国ではハマナスの和名で親しんでいる人も多い。

知床の岬にハマナスの咲く頃~
聞いたことがあるような、ないような~
あの頃ハマナスってどんな花だろうって思っていた。

あの一世を風靡したエンタテイメント森繁の作詞作曲。
あの頃の思い出は、今だに脳裏に焼き付いて、思い出される。
そう安保闘争のまっただ中、悲劇的な事件もあったが、実にいい時代であったような気がする。
何時の時代もそうであるが、あの時代も無能な政治屋がその無能さを暴露した時代でもあった。
そんなときに詠われたあの旋律は忘れ得ない。

知床の岬にこんな花が咲き乱れたのだろうか。
飲んで騒いで、丘に登れば、白夜は明ける。
飲んで騒いで、街中を歩いても、学生服を着ていれば、おおよそ大目に見てくれたものである。
その知床に咲き乱れたハマナスも今は絶滅危惧植物であるらしい。



Rosa rugosa mn2



<掲載写真の複写、転載はお断り。>





05.27
Mon


我が家の近くに咲く、何じゃもんじゃの花。
未だかって、気にも止めなかったが、自生する何じゃもんじゃの木の見事さを見てよくた木に気がついた。
花を比べてみると、将になんじゃもんじゃの木。
意外と大きくなっているが、建物のすぐ脇で適当なアングルが撮れない憾みがあった。
何じゃもんじゃは特定の木の種を言うのではないらしい。
この木はヒトツバタゴ、モクセイ科の樹木であるらしい。
大きくなるととても見事な姿を見せてくれる、真っ白な花が木を覆うと雪をかむったようになる。
何じゃもんじゃは、恐らく言葉が訛って出来た言葉なのであろう。



Chionanthus retusus ms1

<掲載写真の複写、転載はお断り。>






05.26
Sun

サボテン類は放っておいても、それなりの花を見せてくれるので、ものぐさな我には適しているのだろう。
思い出したように水やりをする程度だが、このサボテンも消えて無くなることはなく、
次々に子を作り出し、時期が来ると鮮やかな花を見せてくれる。



Epiphyllum hybrid ms1


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







05.25
Sat

花と名前の一致しないものって結構多い。
このニワセキショウなどもその一つ、道ばたや草むらに繁茂する雑草の一つ。
それでも北アメリカが拡散する雑草のハルジオンやヒメジオンなどに比べるといくらかは慎ましやかではある。


Sisyrinchium Rosulatum ms1



<掲載写真の複写、転載はお断り。>







05.24
Fri

口紅を引いたような・・・・
こちらの方がいくらか上品な感じ。
尤も、人の好みは人それぞれ・・・・・・・


Bletilla striata ms18


<掲載写真の複写、転載はお断り。>








05.23
Thu

葉や茎が白銀の微毛に蔽われ、遠目には霜が降りたような、雪のような感じさえする。
Snow in Summerの英名は言い得て妙。
和名はそのまま用いたのだろう。



Zephyranthes ms4


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







05.22
Wed

原種は90種もあるというのは植物の世界でも珍しい。
園芸品種は数百種に及び現在も増え続けていると言うから、人気のある植物といえる。



Amaryllidaceae ms4


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







05.20
Mon

アグロステンマといった方がわかりやすいかも知れない。
両方ともその名前は二つのものを合わせた呼び名としているが、要はヨーロッパでは麦畑に生える雑草扱い。
一度、地に根を下ろすと草丈を延ばして成長し繁茂する姿はワイルドフラワーが醸す野趣味見せてくれる。
とはいえ百姓にとってはもっとも邪魔な奴なのだろう。
ムギセンノウの名の由縁はムギ畑に生えるセンノウ。
センノウはナデシコ科の植物でセキチクなどによく似ている。



Agrostemma githago ms4

<掲載写真の複写、転載はお断り。>







05.19
Sun

Lupinus ms39




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







back-to-top