FC2ブログ
08.11
Sun

さるすべりと呼ばれるのは何も百日紅ばかりではない。
所によっては、沙羅の木、なつつばきなどもさるすべりと呼ばれることがある。
よく見てみると木肌が実によく似ている。
この百日紅は公園などではよく見かけるが、庭木に植えるのはよくないといわれる迷信みたいなものがあるという。
その理由を見ると、迷信ではあっても、無理に逆らって植えるほどのこともなかろう、などと思ったりもする。
後で後悔して、百日紅の所為にする愚を犯すこともあるまい。
あの小さな蕾からこれだけのものが世に現れる不思議、自然て実に面白いし、自然の酷さに腹立たしくもなる。



Lagerstroemia indica ms1



<掲載写真の複写、転載はお断り。>







back-to-top