FC2ブログ
09.30
Mon

彼岸花は遺伝的には三倍体といわれるもので、種ができない。
増やすのは根茎を肥大させて区分けするのだろう。
それにしては一時不吉な花として嫌われた種であるが、この頃の繁茂の勢いは驚くばかりである。
白い花は数年前までは特に珍しい種ではあったが、この頃は白い彼岸花はいたるところで繁茂している。
黄色い花まで現れるに至っては、今後も何が出現するか測り知れない。
青い彼岸花などが表れて、荒れた墓地の墓標の近くに咲いているなど、ぞっとする光景のよう。




Lycoris radiata ms10ssx



<掲載写真の複写、転載はお断り。>









09.29
Sun

路地裏の草むらに咲き始めたヒガンバナ。
咲き始めて間がない、一塊りの彼岸花。
咲ききるまでにはもう少し時が必要。


Lycoris radiata kg1

<掲載写真の複写、転載はお断り。>



09.28
Sat

red berries ms6




<掲載写真の複写、転載はお断り。>








09.27
Fri

この紫の実に魅かれてついつい撮ってしまうのだが・・・・
これは撮るまいといつも思うのだが、今年もまた撮ってしまった。
この奇麗な果実に粉をまぶしたような白いものが無数についているのを知っている人は少ないのでは・・・・
果実の内から染み出したものが結晶するのか、外気の汚れが付着するのかは知らない。
いずれにしても、大伸ばしをしようとする人はファイルを等倍に拡大して確認する必要があるのかも・・・・



Callicarpa japonica kg6


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







09.26
Thu

シュウカイドウ科シュウカイドウ属
多年生草本球根植物。



Begonia grandis kg1sx



<掲載写真の複写、転載はお断り。>







09.24
Tue

植物分類的に言えばリンドウ科に属するが、漢方などでは根っこが生薬として使われているらしい。
暑い盛りに小さな青紫の美しい姿を見せるが、のっぱ等の草むらに姿を見せることはほとんどないようである。



Gentiana scabra ms1


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







09.23
Mon

キク科の多年草。茎は直立し、大きいものは2メートルに達するという。
昔から我が国で育っていた植物は多くは西洋物に席巻されて、影を薄めている。
これは植物の所為ではなく、銭儲けにとち狂った商人どもが派手な西洋物の種を持ち込んでくるからの方がはるかに多い。
西洋物が席巻するとわが国古来の植物たちはほとんどがその姿を消していく。



Eupatorium maculatum js1




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







09.22
Sun


Zephyranthes candida ms2




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







09.21
Sat

Lycoris radiata ms9





<掲載写真の複写、転載はお断り。>









09.20
Fri


Callicarpa japonica ms10sx




<掲載写真の複写、転載はお断り。>









09.18
Wed

Anemone hupehensis ms1




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







09.17
Tue


この頃は四時を過ぎると、極端に速度が遅くなる。
デジタルの強味か感度をいくらか上げると通常のように速い速度になるが、
400を超えると粒子があれて使い物にならない様な画になってしまう場合が多い。
多くの人は等倍で確認しないから、きれいな画になっていると思うが、とんでもない。
800まで上げると現像ソフトのノイズリダクション一杯に上げても補正しきれない場合が結構多い。
増感して撮った大切な写真は、現像時に1:1あるいは1:2のノイズリダクションを確認しておく必要がある。
いざとなった時ノイズが多くて使えませんでは臍を噛むことになる。
フィルムの時は35mmではインターネガを作って全紙に引き伸ばしたがそれでも粒子の荒れの目立ちは抑えられなかった。
それが、35mmを捨てて中判に走った原因であった。



Cosumos ss31



<掲載写真の複写、転載はお断り。>







back-to-top