FC2ブログ
11.24
Sun

万両をはじめとして、赤い実をつける縁起物の植物は、一両有り通しから万両まで勢ぞろいするのは時折見かけるが、
これに更に億両というのがあるという。
人間という生き物の欲の深さを象徴するようものだが、
この伝手で行くと兆両などというものも有りますよなどといいかねない。
尤も、億両というのは、正式名はミヤマシキミというらしいが、こいつは有毒植物で、
草食動物は見向きもしないのでいつまでも残っているという。
このミヤマシキミを見て、荘子のいう無用の大木の事を思い出している。
無用の大木と同じように、有毒ゆえに長生きできる。
ミヤマシキミに言わせると、すべて役に立つ木は、実をもぎ取られたり、枝を折られたりして天寿を全うすることができない。
その才能のために、生命を苦しめられている、その有毒ゆえに様々に念願がかなったと、
ミヤマシキミはほくそ笑んでいるかもしれない。



Sarcandra glabra tf5


序に、千両万両以外の別名は、有り通しは一両とも呼ばれ、十両は薮柑子とし、そのあと百両は唐橘、億両はミヤマシキミ。


<掲載写真の複写、転載はお断り。>







back-to-top