FC2ブログ
12.25
Fri
春を告げる草花として古くから親しまれている
スイセンの仲間には数十種類の野生種があると言われている。
単にスイセンというと、古来より日本で野生化しているニホンズイセンを指すことが多い。
しかし今では他の種や園芸品種もひっくるめたスイセン属の総称として用いられるようである。


Narcissus ss19s



開花期は種によっては、早いものでは紅葉の頃、紅葉した木の下にその姿を見ることが出来、遅いものは梅が終わる頃に花を咲かせるものもある。
日本水仙とは言っても、日本固有のものではなく、地中海沿岸あたりのものが、シルクロードから中国を経由して、我が国に入ってきたといわれているようである。


(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)




関連記事

back-to-top