FC2ブログ
08.25
Thu
蓮の花を始めて撮ったのはもう何十年も前の事だが当時は農家のレンコンを採るための蓮だ出あった。
このいわゆる古代蓮と言われるのは数年前なのだが当時は何の疑問もなく二千数百年前の弥生の頃の蓮だと思っていたが、
いかに自然は驚異に満ちているとは言っても、弥生の頃の生き物が現代に蘇るなど不可能だと結論に達した。
発芽もせず、萎びる事もなく、現代に蘇って花を咲かせる、不可能だ。
それを証明する何の根拠もない。
それで古代蓮と言う名称を使うことをやめた。


この僅かに開き始めた花の姿が一番好もしい。


Nelumbo nucifera my7s





所謂ハス田で育った蓮と、泥田の蓮とは何か一味違うような気がする。


Nelumbo nucifera fm5s



此処のハス田は世にいうあの泥田とはちょっと違う。



Nelumbo nucifera my23s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)




関連記事

back-to-top