FC2ブログ
07.02
Sun
八王子の公園には、園内に神社のあるところが何か所かある。
過っては曲がりなりにも城郭であったところへ、勧請されたそれなりの神社ではあったのだろう。
今は鬱蒼と茂る公園の樹間の中にひっそりとたたずんでいる。
公園とは言え荒れ果てた山道を辿って行くと神社の裏側から社殿の脇へと導かれてきた。
公園とは言え整備されたとは言えないような山道は老骨には随分と堪える。
私にとっては、神などと言う胡散臭い物は一切信じないから、神社殿とは言っても世間並みに手を合わせるなどとと言うことは一切しない。
神道などと言うものは全くお呼びじゃないが、宗教と言われるものの経典に書かれたものは、
人間と言う生き物にとっての指針として益する部分があることは十分承知している。
とは言っても礼拝し、手を合わせようとは思わない。
信心深い人には罰当たりな奴と思われようが、それはそれ人の生き様は人それぞれ、
だから人間と言う生き物が面白いのである。




View kj2x




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





関連記事

back-to-top