FC2ブログ
05.29
Wed

近くの公園に、芍薬がほんの僅かだが植えられている。
蕾がだんだんと大きくなり、もう少しで美しく花開くだろうと期待するのだが、その頃になると気温が下がって雨が続く。
折角花開く寸前まで大きくなった蕾が、そのまま開くこともなく、朽ち果てる様に萎れてしまう。

芍薬や牡丹は花が大きいだけに、支柱を建て、管理しないとなかなか美しい姿で見ることはできない。
せっかく早く咲いても、雨にたたかれ、倒れて、無残な姿を見せている花もある。





Paeonia lactiflora js6











ところが、今年は見事に美しい花を見ることが出来た。
例年、失望しているだけに、美しく咲いた花の美しさに何とも言えぬ感動を覚えたものだ。






Paeonia lactiflora js3





(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)





関連記事

back-to-top