FC2ブログ
10.18
Thu


先日ある本を読んでいると、紫苑のことが書かれていた。
大陸と地続きであった頃大陸から朝鮮を経て日本に入ってきたものと考えられる、などという呆けたことが書かれていた。
大陸から分離する前に日本というものがあったかどうか日本列島が大陸から分離するには長い年月を掛けて、
様々な島の姿をとりりながら、結合していったものと考えられている。
長い年月を掛けて現在の日本の姿に変化していったものであって、
分離以前にどんな生き物が居て、どんな植物があったかなどは推定すら出来なかろう。
そもそも、人類と言われるものがアフリカに発生したのは五百万年前だとすれば、分離したときは人類さえいなかった。
分離以前に、どんな生き物が生息していたかさえ判然としない時代のこと、よくもまあいい加減な法螺を吹くものだと驚かされている。
現今の植物の移動はアメリカから入ってきて、帰化した植物は多いが、
この紫苑は葛やノイバラなどの植物などとアメリカへ渡って帰化した珍しい植物の一つである。

その紫苑の蜜を好む蝶達が群れるようにその上を乱舞している姿はとても見応えがる。



Aster tataricus ms2



<掲載写真の複写、転載はお断り。>





関連記事

back-to-top