FC2ブログ
08.01
Thu



ぎらぎらと照りつける夏の日に、ヒマワリはよく似合う。
ひまわりの品種も随分と増えて、ヒマワリらしからぬ種類のものが多くなってきた。
そんな種類のものは暑い日差しの中では、ただ鬱陶しいだけ・・・・・

この頃の天候の様なただ気温と湿度が高いだけの、異常気象では昔ながらのひまわりも、何とも似合わない。
惚けたような薄っぺらな種類がいいのかも知れない。

あのひまわりらしい昔ながらのひまわりは、ぎらぎらとした日が戻ってくるまで、お預けとしよう。






Helianthus annuus ss1




原産地は北アメリカ。
キク科ヒマワリ属の一年草。




(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)






関連記事

back-to-top