FC2ブログ
08.24
Mon

学名でランタナ・カマラと呼ばれる種が、園芸ではランタナと呼んでいるもの。
低木で高くはならないが、茎葉に細かいトゲがある。
自生地の一部では葉っぱや花の付いた先端の芽を薬用に用いている様である。

七変化と呼ばれることもある様で、花色が変化するのが特徴で。
基本種は咲き始めがオレンジ色で徐々に赤色に変化していく。
それ以外に基本色によっていろいろと変化する色が違っている様である。
その様子からシチヘンゲと呼ばれるゆえんであろう。



Lantana ms1s



(本ブログの全ての写真は著作権を留保。無断使用・転用・転載・複製を禁ず。)




関連記事

back-to-top