FC2ブログ
06.30
Tue

梅雨のころになると一つ二つと咲き始め、辺り一面の芳香を放ち始める。
純白の花であるだけに傷みや変色が早く咲き始めて早々に撮るのが修正の手間が省ける。





Gardenia jasminoides ms4




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







06.29
Mon

園芸品種は何百種もあるというが、原種は南アフリカの原産で十数種あるという。
わずかに紫がかった花はとても上品な感じがする。紫君子蘭とも呼ばれる。
花姿は君子蘭によく似ているような気がする。
曇天の梅雨空にもよく映えるし、雨滴をいっぱいつけた姿もなかなか美しい。
梅雨時の花なのかもしれない。




Agapanthus africanus ms1




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







06.28
Sun

同じ園芸種のユリでも、花壇を逃げ出したユリは野に咲く様子からその佇まいに随分と開きがある。
百合もやはり山野草の花、野に咲いて初めて迫力が出るのだが・・・





Lilium ms15



<掲載写真の複写、転載はお断り。>








06.27
Sat

江戸のころ栽培されていたようだがその後姿を消した。
再び発見されるまでは幻の花と呼ばれていたとは言うが、今はもうありふれたヤマアジサイの一品種。
とはいえその姿は美しい。
このごろは似たような品種がたくさん出回っており、判別が難しい。





Hydrangea serrata f. prolifera fm1




<掲載写真の複写、転載はお断り。>







06.26
Fri

近くの家の庭前に植えられているこの夏椿。
この木にもシャラの木という札がぶら下がっている。
平家物語かぶれか、坊主の影響か沙羅双樹の片割れ、サラノキとして、寺院などに植えられている。
これで無知な民衆をだまして寺に呼び込んで拝観料をせしめる悪徳坊主もいる。
何のことはない、小さな庭に夏椿が何本か植えられていて、
これでは料金も取れないと思ったか食い物を呈して結構な拝観料をせしめている。
拝観料と名付ければ如何に高額な料金を取っても、すべて無税、悪徳坊主の面目躍如。

釈迦に拘わりのあるサラソウジュは、フタバガキ科サラノキ属の常緑高木。
シャラソウジュ、サラノキ、シャラノキともいう。
ただし、これらの名で呼ばれ、日本の寺院に聖樹として植わっている木のほとんどは、
フタバガキ科サラノキ属の常緑高木ではなく、サルスベリと呼ばれるナツツバキである。
この本物は日本では生育できない樹である。
ラワンの一種レッドラワンと同属である。





Stewartia pseudocamellia ms4




<掲載写真の複写、転載はお断り。>









back-to-top